「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.9 金離れがよすぎる男

こんにちは。白玉あずきです。結婚を視野に入れた人生を考えているけれど、さて、どうしたものだかと、もやもやしている働くアラサーのみなさんに、「本当にこの人と結婚していいのか」をジャッジするヒントにしてほしい「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑。第9回は「金離れがよすぎる男」です。

超絶低い危機レベル。おかしな金銭感覚の金離れのよすぎる男

金離れがいい男は、生活力があるようにみえます。

付き合っている男女間でも割り勘がベーシックになっている働くアラサー世代。

「合コンで知り合った男性から、ふたりでごはんを食べようってしつこく誘われて、1回くらいいっかと思って付き合ったら、割り勘で引いた」という経験をした人や、「デートのときに必ず、財布を忘れてくる男と1年付き合って別れた」「同棲相手に1万円を渡してコンビニにケチャップ買いに行ってもらったら、おつりを着服された。返してって言ったら、〇〇ちゃん(私)のためにアイス買っちゃったからおつりはない、って言われて死ねと思った」という経験をした人からすればなおさら。金離れがいい男は頼もしく感じられ、一緒に過ごすときの幸福感が大きい。

もちろん、相手が「使っても使ってもお金が増えて困っちゃう~」という、『富豪刑事』のおじいさまのような人なら問題ありません。しかし、世の中の金離れのいい男全員が経済力があったり、領収書を切れたりするわけではないのです。むしろ、「稼いでいる額と使う額のバランスを考えられない残念な人」という場合が圧倒的。それが「金離れがよすぎる男」です。

金離れがよすぎる男は、今を生きる男でもあります。

今を生きているので、万が一のために、とかいう理由でお金をプールするという発想がありません。そして、見通しというものをたてず、欲望のままに、あればあるだけ使います。

「今、金があるんだから使ってもいいじゃん。なくなったらまた稼げばいいだけでしょ?」が口癖ですが、つまり、なくなるまで稼がない。よって、お金のあるときとないときの高低差がやたらと激しいのが特徴です。

私の知っている車好きのグルメな金離れがよすぎる男は、ポルシェ911を買い、港区界隈のレストランを食い散らかしたあげく、家賃が払えなくなって、仲良くしていたキャバ嬢のマンションに半年ほど転がり込んで養ってもらっていました。

本人に、なぜ、「もう少しでお金がなくなりそうだぞ?」って気づいた段階で次の行動に移さないのかと聞いたところ、「やばい」と思うレベル値が私と違うだけだとプリプリしていました。
崖っぷちレベルでいうと、崖の先端から滑り落ちて片手でぶら下がっている段階でも、金離れがよすぎる男は「大丈夫な気がする」と思うらしいです。

そして、落ちる。

落ちながら、ようやく「やばいかもな」って気になってきて、地面に叩きつけられたとき、はじめて「やばいぞ」と思うってもう、それ、死ぬ数秒前ですよね…。とまぁ、そんな感じ。

赤の他人という立場ならば、すがすがしいほどにバカだなと笑えますし、話が豪快でおもしろい。

でもね、これ、付き合うってなったらジェットコースター人生ですよ。しかも、ジェットコースターなら上行ったり下行ったり、斜めになったり回転したりしても、最終的には乗った場所に戻ってこられますけど、金離れがよすぎる男とのジェットコースター人生は、乗ってる間ずっと、ゴールがみえないですから。ゴールがあるかどうかも謎っていう。こわいこわい。

金離れがよすぎる男は人のお金にも無頓着

「あるなら使えばいいじゃない」派である金離れがよすぎる男は、人のお金も大切にしません。

「出せる人が出せばいい」と思っているからこそ、彼自身も食事代を払ってくれたり、ギフトを送って相手を喜ばせてくれたり、気前よく借金に応じたりするわけですが、人に対しても同じことを求めます。

金離れがよすぎる男は、お金がなくなれば、人にお金を借りるのも、返さないことも平気なんです。

責められても、「あれば返すよ。ないんだからしょうがないじゃん」。なんで威張っているのかと腹が立つほどにしれっとしているので、「あいつとはもう関わりたくない」と縁を切られることも少なくありません。

「付き合っていた男性から、10日後の給料日には絶対に返すから20万貸してと言われて、貸したことがあるんです。彼のことをお金持ちだと思っていたので、なにか突発的な事件とかで本当に困っているんだなって思ったんです。彼にはいつもおごってもらっていたし、こういうときに私が彼の役に立てれればっていう思いもありました。

でも、当日になっても自分の口座に彼からの返金がない。電話をしたら、ネットバンキングから振り込んだからタイムラグがあるのかもしれないって言われて。信じて2日待ったんですが、やっぱり振り込みされてない。

入力ミスがあって、振り込みできてなかった、もう一回振り込むと言われたけど、さすがに怪しいとおもって、とにかく会いに行くからお金もってきて、と言ったんです。でも、忙しいからって断られてしまいました。借金している分際で忙しいってなんだよって、頭にきて、それから、毎日、電話で問い詰めました。すぐ銀行にいって振り込めって。そしたら、逆切れ。

電話越しに怒鳴りあいの大ゲンカをして、ようやく、“銀行のATMにいて、並んでるけど、15時までには間に合わない、ただ、振り込んだ証拠に振り込み予約明細を写メするから、それで気が済むだろ!”というところまでこぎつけたのが翌月末でした。でも、翌日にも振り込まれない。

あとで、知ったんですが、これ、彼のいつもの手口。ATMで振り込み予約しても、その日のうちにネットバンキングからキャンセルできるんだそうです。彼はただ、お金を出し入れしただけ。本当に呆れました。

そのあとは電話に出ない、LINE既読スルー、メッセンジャー無視、とされて、電話が解約になり、LINEとfacebookはブロックされました。
人づてに、今はタイに住んでいるって聞きました。彼に嘘つかれた人たちはみんな怒っているので、もう日本に戻ってこられないんじゃないかと思います」

と話してくれた飲食関連会社勤務29歳のA子さん。

金離れがよすぎる男の中には、「ないから返さない」というときに、詐欺か? っていうくらい手の込んだことをする人もいるんです。
しかも、その、人から借りている金で、ほかの女性にプレゼントを買ったりしてたりする。。

「1000円、2000円の分割でもいいから、とにかく、返すということで誠意を見せろと、こっちが何度怒鳴っても、“そんなに怒らないでくださいよ~”と半笑いでのらりくらり。
そしたら去年の3月14日、ツイッターに、その男の彼女が“今日はホワイトデー。今は転職準備中だからこんなものしか贈れないけど、って彼がくれた5000円のアクセ。でもそのきもちが嬉しい”っていうようなポストをしていて、震えましたね、怒りで」と教えてくれたのはデザイン会社を経営するBさん。

金離れがよすぎる男とは、とある社長会の仲間。「旅行会社をしている男で、最初は、快活で気持ちのいい男だと思った」そう。金離れがいい男は、同性からも“気持ちのいい男”にみえるんですね。

でも、そいつは単なる金離れがいい男ではなく、金離れがよすぎる男でした。社員旅行の予約金120万円を払ったあと、Bさんの都合でキャンセルしたら「月末の支払日まで待って」と言われ、返金がないまま3年が過ぎたそう。

人の金でも自分の金でも、金離れがよすぎる男はあれば使っちゃう。

金にキレイも汚いもない、とよく言われますが、金離れがよすぎる男にとって、金に人のものも自分のものもない、のです。

その男性の行方は「調べればわかるだろうけど、これ以上やつのためにお金も時間も使いたくない」そうなので、金離れがよすぎる男にとっては、ラッキーっていう状態。でも、なー。
自分の彼がコレだったら、どうします? プレゼントされたアクセ代が、人からギャンギャン返せと言われているお金だったら。それでも、私のために、彼が頑張ってくれたって思えるかな。彼女のほうも「だってないんだからしょうがないじゃない。あれば返すんだから、待ってくれたっていいのに。お金に細かい人ね~」って思えたらいいのかもしれないですけど。

人として、どうですかね。ちょっと祝福しにくいです。

金離れがいい男も「過ぎたるは尚及ばざるが如し」なのですよ。

written by 白玉あずき

おすすめの記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

連載(コラム)の人気記事

新しい記事

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.20「港区男」

白玉あずき

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.19「張り合うくん」

白玉あずき

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.18「ほしがるくん」

白玉あずき

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.17 「やってみた男」

白玉あずき

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.16 「リマインド男」

白玉あずき

フォローする

 Facebook
 Twitter