「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】結婚したいのに結婚願望のない男との恋愛を卒業し無事結婚した女の話

毎日仕事もプライベートも全力!で魅力的な女性は、恋愛も魅力的な男性としたいもの。男性で魅力的な男性って、仕事も恋愛も経験豊富で話題・知識も豊富、交友関係も広くて、趣味もよくて、おしゃれ・・・。大人の女が恋する男性っていわゆるそういう人ですよね。でもそういう人って、自分一人で生きて行く楽しさを知っているから、結婚願望が大江戸線並みに低かったりします。

そんな一緒にいると楽しいけど、結婚願望が低い人とばっかり恋愛をしているけど、ふと周りを見ると、同じスタンスで恋愛を楽しんでいた仲間たちがあれよあれよという間に結婚していくではないですか!とはたと気付く・・・なんてことありますよね。今は仕事はもちろんそういう人との恋愛も楽しいけど、この楽しさを優先して、現実見なくて大丈夫かなと不安になる夜もあるのでは?さて、いつこの楽しいだけで未来がないという現状から足を洗うべきなのでしょうか?それとも足を洗わなくていいのでしょうか?今回は経験者に聞いてみました。

 仕事もプライベートも楽しむ全方位好感度の女

【コラム】結婚したいのに結婚願望のない男との恋愛を卒業し無事結婚した女の話

  • Lips Lady ステータス
  •  名前  :ユウキさん
  •  職業  :広告代理店
  •  年齢  :34
  •  学歴  :青山学院大学
  •  年収  :700万円
  •  交際期間:4年
  •  住んでいる所 :自由が丘
  •  好きなブランド:ENFOLD
  •  似ている芸能人:田丸麻紀

ユウキさんは広告代理店でバリバリ働く34歳。仕事もプライベートも抜かりない“できる女“という感じが漂っています。「できる女かー。そう言ってもらえるのは嬉しいですけど、実際は家の中は汚いし、料理も基本は手抜き笑。仕事は頑張ってますけどね笑」。

嫌味がなくさらりと自虐ができるところも、全方位好感度のできる女って感じです笑。そんなユウキさんは32歳まで、長い間結婚を意識せずにいろんな人と交際をしていたそう。

「趣味は合コン、デートみたいな笑。とにかく一緒にいると楽しい男性との恋愛が好きでした。20代の頃はモテましたしね。何人の男の人とお付き合いとかデートとかしただろーって感じ。それでどんどん見る目だけ肥えていっちゃって、最後の方はよっぽど魅力がない人じゃないと、付き合わないって感じでしたね笑」。

確かにたくさんの男性とお付き合いしたりデートをしたりすると、目が肥えて普通のそこらへんにいる男だと満足できなくなってきますよね。さらに仕事をバリバリしていると、男の人といる時間も無駄にはできないと思って、刺激のある楽しい男の人と一緒にいたいと思っちゃいます。そうすると一緒にいて楽しくて刺激があるかどうかが優先事項となります。

でも、そういう人って独身だと仕事も思いっきりできて、それに遊ぶのも楽しいから、結婚したいとか思わない人が多いんですよね。当時は私も遊んでいたので、相手的にも楽だったんでしょうね。楽しいことだけ共有すればいい人だ」。

楽しいことだけ共有するだけの人って、楽しい時はいいけど、そのテンションで付き合い始めるとなかなか苦しいことも共有し合う結婚まで踏み込んだような交際にはならないもの。まさにそのループにユウキさんもはまっていました。

現実を見て、ある行動に出たユウキさん

【コラム】結婚したいのに結婚願望のない男との恋愛を卒業し無事結婚した女の話

「私的には、仕事も楽しいし、遊びも楽しいし、よかったんですよ。20代までは。30代になって周りが結婚しているというか、もはや子供まで出来始めて、”私本当にこれでいいのかな?“って思いました。だって遊びの恋愛じゃ、将来何も残らないんじゃないかって」。

ついに感じた単純な遊びとしての恋愛への限界。そこでユウキさんはある行動に出ます。

「そんなこと考えたら遊びは終わりにして私真剣に、結婚しようと思って。今まで散々合コンしてきたから合コンにロクな男が転がってないことは知ってたんですね。だから結婚相談所に思い切って登録しました。お金が高いし、ある意味決意の登録でしたね笑」。

そしてたくさんの人と改めて出会ったと言います。「ん〜期待はしてなかったけど、正直今まで一緒に遊んできた人みたいに一緒にいて刺激になるとか、楽しいとかそういう人ってほとんどいない。もう私の理想が上がりすぎちゃっているっていうのはわかってるんですけど」。

やっぱり普通の男性では物足りないという風には感じてしまうのですね。でも周りの友達に話を聞いて気づいたことがあったとか。

周りの結婚してる友達とかに相談したんですけど、どんなに刺激がある人でも結婚しちゃえば一緒にいることが日常になっちゃうから、結局その刺激も感じなくなっちゃうよって言われてそれよりも結婚に大事なことは日々生活が安定して送れるかどうかってことだよって。それから男の人を選ぶ基準が変わりました。刺激よりもその人と安心できるかどうか。見る目だけはあったんで笑、ちゃんと見極めることにしました」。

刺激よりも安心?ユウキさんが選んだ相手とは・・・

【コラム】結婚したいのに結婚願望のない男との恋愛を卒業し無事結婚した女の話

そして出会ったのが今婚約中の彼だったとか。「う〜ん彼は、今まで付き合ったタイプとは全然違いますよ。理系の研究職のひと笑。そんなひとと付き合ったことなかったですもん。そっち系のひとと話すこと自体めっちゃ久しぶりでしたしね笑。ん〜彼は刺激は0です。だけど、一緒にいると安心できるんですよね」。

つまらないけど、自分がコントロールできる範囲の行動しか起こさないので一緒にいると楽なんだとか。「彼はいわゆる理系男子。あまり絡んだことがないタイプですが、何をすれば彼の機嫌が直る、とか、何をすると怒る、とか、凄くわかりやすいんですね。そんな単純なところが良かったですね。あとは自分が主導権を握れる笑。面白い人ってその人についていくってことしかないから、自分では何もコントロールできないんですよね。だから結婚とかも全部彼次第になっちゃう。でも今の彼はそんなことないから、自分の好きなようにできるっているのは割と楽です。遊びも楽しかったけど、今はこういう選択をして、後悔とかはないですよ。多分何れこういう選択をしたと思いますし、いい人と結婚できたな、と思います笑

 

遊びなれているからこそ、結婚を現実的に見据えることができる人の中でもどういう人と結婚するべきなのかということが明確に分かるのかも。結婚は刺激よりも安心感。遊び続けるのもいいですし、自分が面白いと思える人で結婚できる人を探し続けるのも一つの方法ですが、後悔しなくらいたくさんの男性を見て早めに足を洗うというのも選択肢の人として考えるのもいいかも。皆さんはどっちの人生を選びますか?後悔しない選択が出来ることを祈っています!

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼氏改造(実録取材)の人気記事

まだデータがありません。

新しい記事

【実録取材】これで私は結婚した!彼に結婚を決めさせたテクニック

makicoo

【実録取材】あなたの彼は大丈夫?二股女ってこんな人

makicoo

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

Lips編集部

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査!(自衛官)

Lips編集部

【実録取材】近いからこそ楽?社内恋愛からの結婚した人に話を聞いてみた

Lips編集部

フォローする

 Facebook
 Twitter