「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.14 「まとめ男」

こんにちは。白玉あずきです。結婚を視野に入れた人生を考えているけれど、さて、どうしたものだかと、もやもやしている働くアラサーのみなさんに、「本当にこの人と結婚していいのか」をジャッジするヒントにしてほしい「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑。第14回は「まとめ男」です。

「要するに~ってことでしょ?」で人の話を遮断する「まとめ男」

まとめ男は、人の話を勝手に要約して遮る男性です。ある意味、論破大好き男、ロンパくんと似ています。

前回、「黙って最後まで俺の話を聞いて」男を「論破大好き男」の亜種としましたが、まとめ男も「論破大好き男」の亜種といっていいでしょう。多いんですよね、ロンパくん系の「結婚しちゃダメ」男。なぜだろう、なぜかしら。

ロンパくんの記事を読んでくれた男性が「最初は俺のことをディスってるかと思ったけど、違うよね? たいがいの男が論破好きだもんね」と言っていました。なるほど、絶対数が多い、というのも要因かもしれません。

「俺ってロジカルだからさぁ」と鼻の穴を膨らませて語りだす残念なクセをもち、他人を論破することでアイデンティティの確立を目指すのがロンパくんですが、まとめ男は、「それって要は◯◯ってことでしょ?」とまとめに入ります。

「え、違うけど…」というこっちの思いとは裏腹に、自分の低い知識の枠の中に収めて、自分も納得、相手もギュギュギューと封じ込める。
方法は異なりますが、どちらも、相手に不快感を与えながら話を遮断し、こっちの話す気をなくさせるという点では同じです。

だがしかし。「まとめ男」のダメさに気づかない女性はけっこう多いんです。

「まとめ男」の生息地は「得意分野をひけらかせる場所」のみ

その理由のひとつは、まとめ男の生息地です。まとめ男は「自分より未熟な人がいるトコロ」を好みます。むしろ、そこにしかいない。

なぜならそこでなら「まとめ男」は尊敬されるから。そう、「まとめ男」はプライドが高く、つねに自分が優位にいないと気が済まないんです。

そのため、恋愛では、とても年下だったり、自分の得意分野をひけらかせる立場の女性だったりを選びがちです。

「まとめ男」にとって、未熟な人とは、年齢や仕事のキャリアなどが、まとめ男より下の人たちです。

年齢でいうなら、自分より6歳以上年下、関係性で言うと、学生時代の部活などの後輩や勤める会社の部下や同業の新人などです。

彼は、「尊敬され、慕われている俺」が大好きなんです。だから、基本的には自分への「尊」と「慕」が実現できる場所から出ることはありません。

関係性に上下がある中では、まとめ男は「すごーい!」「さすが!」「頼りになります!」という賛辞を浴びる存在。ダメ男図鑑にエントリーさせるほどの男ではないんですよね。

ただし、恋愛となると話は別です。

「まとめ男」は、彼女を自分の支配下に置こうとします。

彼女がそれに甘んじられている間は、それでもいいんです。頼りがいのある男性だし、学びもあるし、尊敬もできるでしょう。

でも、うっかり「彼に認められるように私も頑張ろう」と思って、頑張ってみたらアラ大変、みるみる彼を追い越してしまったとします。

そうなると、彼は一気にご機嫌ナナメです。なぜなら、それは、彼が望んでいる恋愛関係でないからです。
そう、あなたが優秀になればなるほど、彼の気持ちはあなたから離れていく。これって、悲しくないでしょうか。情熱の搾取です。

でも、残念ながら「まとめ男」は、自分より劣っている女性を育てている俺、という状況が好きなだけなのです。彼女がそうである間だけ、愛を注げる。決して対等ではありません。

「僕は君のためにアドバイスしているんだよ」という雰囲気をかもしつつ、「絶対、今いる位置から出てくんなよ、俺を超えようとすんなよ」と思っているんです。


「まとめ男」と結婚したらどうなる?

「まとめ男」は亭主関白度が高いのも特徴です。結婚した場合、専業主婦を望む人も多い。

だからといって、「私はずっと男性の庇護のもと生きていきたい」「専業主婦になりたい」という女性にはピッタリ! ―――とも言い切れません。

なにかにつけて、彼女(結婚したら妻ですね)に対して「お前はバカでかわいいな」「お前にはできないよ」というようなことを口にする「まとめ男」。「かわいいなぁ」という気持ちは本心なんでしょう。でも、それは見下しているということでもあります。

人って、そういうふうに言われているうちに、だんだん自分でも「自分はダメなんだ」って思うようになってしまうんです。自己肯定感を持てなくなってしまう。これはとってもよろしくない。

こちらが、一生懸命、向き合おうとしても、「わかった、わかった、要するに〇〇っていうことなんでしょう?」と拒絶され続けていたら、もういいやって思ってしまいますよね。もういいや、って思った相手を、一生好きでいられるでしょうか。いや、無理です。

こんなに好きなんだから、このまま一生大好きに決まってる! って思っている相手でも、途中で、あれ? ってなることも少なくありません。結婚前に「無理っぽいな~」と思った相手なんてなおさらです。

ということで、「まとめ男」は要注意です。

written by 白玉あずき

おすすめの記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

連載(コラム)の人気記事

新しい記事

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.29  エビ男

白玉あずき

「モラハラ男」に耐えて本当に傷つくのは、あなたじゃない

Lips編集部

宮迫さんもたぶんコレ!? 白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.28  NOと言わない男

白玉あずき

「カンペキな男」はどこにも転がっていない

Lips編集部

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.27  俺通信男

白玉あずき

フォローする

 Facebook
 Twitter