「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

“婚活“という言葉が初めて使われたのは、2007年のことだそうです。2010年には”「婚活」時代“という本が出版され、そこから一気に婚活という言葉や行為は当たり前のものとなりました。

ガラケーで”出会い系サイト”だった時代にはネットで知り合った人と出会うのは少し敬遠されるものでしたが、スマートフォンで“マッチングアプリ”などを利用し、アプリ上で知り合った人とデートに出かける事も今や普通のことに。

誰かに“婚活中なんです“と言われても、もはやびっくりする人はかなり少数派なのではないでしょうか。そんな婚活がカジュアルにできるようになった現代ですが、”そういう風に出会った人と本当に幸せになれるの?“と懐疑的になる人もいるのでは?でも実際の所どうなのでしょうか?今回は、実際に婚活をして結婚や婚約まで至ったカップル二組お話を聞いてみました。

4年付き合った彼とのお別れ。それがきっかけで婚活スタート

  • Lips Lady ステータス
  • 名前  :エリさん
  • 職業  :カード会社営業
  • 年齢  :29歳
  • 学歴  :法政大学
  • 年収  :400万円
  • 交際期間:2年
  • 好きなブランド:ジャスグリッティー
  • 似ている芸能人:筧美和子

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

エリさんはいわゆる“丸の内OL”という感じ。カード会社で人事の仕事をされているそう。「新卒で入社して最初は法人営業などの仕事をしたりしたこともあったのですが、4年前から採用に携わることになりました。私は新卒採用の担当で、採用期間中はわりと土日も出勤したり、みたいなこともあります」。

さて、そんなエリさんが婚活を始めたきっかけはなんだったのでしょうか。

「失恋です笑。大学時代から4年付き合っていた彼と社会人になって3年目でお別れしちゃったんです。私は結婚する気満々だったんですが、彼の方はそうじゃなかったみたいで、働き始めてからすれ違いが多くなってお別れすることになりました」。

学生時代から付き合っていた彼との破局。そのまま結婚まで行く人もいますが、ある調査では学生時代から付き合っていた彼とそのまま結婚する人は2割ほど、という結果が出ていました。あまり珍しい話ではないでしょう。

「それが、3年目に入ってすぐくらいだったんです。結構ショックだったのもあって、1年くらいは彼氏なしのフリー生活をしながら失恋の傷を癒していました笑。でもただ会社に行って、家に帰って、たまに女友達と飲みに行くっていう生活だと何も出会いもないぞ、ということに気づいて笑。私結婚はしたかったので、婚活にチャレンジすることにしてみました」。

社会に出て、3年とか4年とか経つと意外に出会いとかないですよね。出会いもなければ、彼氏もいない、という状況で効率的に結婚まで運べるのは、”婚活”と考えるのは自然なことでしょう。

2年間に及ぶ婚活でエリさんが学んだこととは?

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

「それから2年間はたまにサボったりもしながら、婚活に勤しみました笑。基本は、街コンとか婚活パーティーに行ったりしてました。私が婚活を始めた時はまだマッチングアプリとかがそこまで流行っていなかったので、必然的にそうなりましたね」。

そうしたパーティーに行ってもなかなかいい人は見つからなかったと言います。

「2年くらい活動はしてました。なかなか“これだ!”って人に会えなくて。私自体恋愛の経験があまりなくて見分けられなかった、というのもありますね。大学時代に付き合った彼が二人目とかだったので、自分にどういう人が合うのか、逆にどういう人がダメなのか、どうしたら幸せなのか、わからなかったんですよね。だからたくさんの男性とデートしたり、話したり、付き合ったりすることで、自分の中の基準がちゃんと出来てきました」。

恋愛経験が少ない人ほど、好きなタイプに“一緒にいて楽しい人”や“優しい人”というぼんやりした回答をしがち。じゃあどうしたら楽しくなるのか、どう優しいと心地がいいのか?とはっきりした基準を持っている方がより幸せになれる確率が上がります。そういう意味で言うと、婚活でそうした基準が身につけられるというのはポイントなのかも。

「で、やっと自分が婚活中に作っていた基準と合う相手と出会えました。1年ほど付き合って、結婚を前提に同棲を半年して、先日婚約しました」。

運命の人と婚活で出会えるのか・・・?

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

さて、エリさんは婚活で運命の人と出会えた、と自信を持って言えるのでしょうか?

「それは思えるかな。というかいろんな人と会ったことで本当にちゃんと幸せになれる相手ってなんだっけ?と考えられたのが良かったです。あと、正直自分から出会いを探しに行かなければ今の彼にも会えなかったわけで、もしかしたら婚活をしてなくて出会えたとしても自分の見る目がなかったら、彼と付き合おうと思わなかったりしたかもな、と思ったり。そういう意味で言うと運命の人と出会える確率は格段に上がると思うので、迷ってる人は絶対にした方がいいと思います!」

自分が納得出来る道がどういうものなのか、じっくり考えて答えをだし、そしてその答えを自分の手で掴み取ったエリさん。結婚生活はこの先長いですが、“自分でちゃんと考えて出した結果“という自信のおかげで様々な壁も越えていけそうだな、という強さを感じました。

 

世の中にはいろんなカップルや夫婦がいます。お互い大好き同士でお付き合いを続けている人、お互い嫌い同士でも別れると困ったことになるから我慢して一緒にいる人、好きでも嫌いでもないけどなんとなく一緒にいる人。大好き同士で一緒に入られたらいいですが、自分に選ぶ基準が備わっていないとどう言う人と生涯遂げるべきなのかということがわかりません。

たくさんの男性を見ることで自分がどういう人と一緒になれば幸せになれるか、ということがより正確に分かるようになります。婚活は“結婚をするためにする”ものなわけではなく、“自分が一番幸せになれる基準を探す“という意味でとても有効なのだなとエリさんの話を聞いて思いました。自分がどう言う人と結婚すると幸せになれるんだろう、と漠然と考えてしまう人こそ、婚活をするべきなのかもしれません。

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼でいいの?(実録取材)の人気記事

新しい記事

妥協?計算?本当に2番目に好きな人と結婚して女性の本音

コマツマヨ

【実録取材】彼の親子関係が2人の結婚の直接的な影響になるのか、ならないのか

コマツマヨ

現役パパに直撃!バツイチ・子持ち男性と付き合うメリットって?

コマツマヨ

【実録取材】いつかは結婚できる?人生が充実しすぎで未婚。アラサー女性のリアル過ぎる不安

コマツマヨ

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

Lips編集部

フォローする

 Facebook
 Twitter