「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【コラム】いい女でいることって本当に重要ですか?それよりも大切にしたいこと

「女性が恋愛で幸せになりたいなら〇〇をしよう!」といろんなメディアから毎日のように手を替え品を替え本当にたくさんの提案をされます(Lipsもその一つだったりするわけですが)。

おしゃれに手を抜かない、仕事にやりがいを持って前向きに取り組む、プライベートも充実させる、見た目も味も良い料理を作る、部屋はちゃんと片付ける、細すぎず太すぎない体型のキープ、すっぴん風メイク、肌は白く艶を大事に、デートに行ったら例え奢ってもらえる可能性が高くても財布を出す素振りをする、笑顔を絶やさない、でもたまに涙も見せるetc..。

私たちが恋愛で幸せになるために、全てやらないといけないんだとしたら、体がいくつあっても足りない、、、と遠い目になります。
よく言われるいい女。背伸びしてなくて、仕事もできてプライベートも抜かりない、常にスマイルなご機嫌な女。これ、簡単に言いますけど、世間一般で期待されるいい女でいることってかなり大変なもの。
自分が“この人はいい女だな”と思う人も、私の前では軽やかにご機嫌に生きていますが、実際話を聞いてみると意外に大変そうな人生を送っているな、と感じること多いですよね。そしてそんな話を聞くたびに自分には無理だなって思っちゃいます。
そもそもいい女であることってそんなに大切なことなのでしょうか?
私たちはそんなに頑張らないと幸せになれないのでしょうか?

幸せになるための近道って本当にいい女になること?

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査!(自衛官)
様々な幸せになるための条件。また幸せになるために提示される方法論。
自分が幸せになるためにやっているのに、なぜかどんどん苦しくなる。
いい女の条件や方法論を見ると自分がいま保有しているカードでは足りず、そもそもテーブルにさえのっていないのでは?なんて不安になってきたりします。

もちろんいい女の条件の中にはすでに自分が持っているカードもあったりするわけですが、持っているものでは勝負できない気がして、私は幸せになるためにもっと努力しなきゃいけないんだと強迫観念にかりたてられます。
もっといい自分になれば、もっといい人に出会えて、もっと幸せになれるはず。
だからもっともっと。
でもそんな気持ちがあなたを苦しめたりしていませんか?努力をすれば幸せになれるという信仰はもはや、呪縛のようにあなたにまとわりつきます。
もうそんな舞台から降りませんか?努力しないと幸せになれない教。そこから降りて初めて見えてくる世界があります。

努力しないと幸せになれない教を脱会して気付いたこと

「女性が恋愛で幸せになりたいなら〇〇をしよう!」といろんなメディアから毎日のように手を替え品を替え本当にたくさんの提案をされます(Lipsもその一つだったりするわけですが)。 おしゃれに手を抜かない、仕事にやりがいを持って前向きに取り組む、プライベートも充実させる、見た目も味も良い料理を作る、部屋はちゃんと片付ける、細すぎず太すぎない体型のキープ、すっぴん風メイク、肌は白く艶を大事に、デートに行ったら例え奢ってもらえる可能性が高くても財布を出す素振りをする、笑顔を絶やさない、でもたまに涙も見せるetc..。 私たちが恋愛で幸せになるために、全てやらないといけないんだとしたら、体がいくつあっても足りない、、、と遠い目になります。 よく言われるいい女。背伸びしてなくて、仕事もできてプライベートも抜かりない、常にスマイルなご機嫌な女。これ、簡単に言いますけど、世間一般で期待されるいい女でいることってかなり大変なもの。 自分が“この人はいい女だな”と思う人も、私の前では軽やかにご機嫌に生きていますが、実際話を聞いてみると意外に大変そうな人生を送っているな、と感じること多いですよね。そしてそんな話を聞くたびに自分には無理だなって思っちゃいます。 そもそもいい女であることってそんなに大切なことなのでしょうか? 私たちはそんなに頑張らないと幸せになれないのでしょうか?  幸せになるための近道。 様々な幸せになるための条件。また幸せになるために提示される方法論。 自分が幸せになるためにやっているのに、なぜかどんどん苦しくなる。 いい女の条件や方法論を見ると自分がいま保有しているカードでは足りず、そもそもテーブルにさえのっていないのでは?なんて不安になってきたりします。 もちろんいい女の条件の中にはすでに自分が持っているカードもあったりするわけですが、持っているものでは勝負できない気がして、私は幸せになるためにもっと努力しなきゃいけないんだと強迫観念にかりたてられます。 もっといい自分になれば、もっといい人に出会えて、もっと幸せになれるはず。 だからもっともっと。 でもそんな気持ちがあなたを苦しめたりしていませんか?努力をすれば幸せになれるという信仰はもはや、呪縛のようにあなたにまとわりつきます。 もうそんな舞台から降りませんか?努力しないと幸せになれない教。そこから降りて初めて見えてくる世界があります。  努力しないと幸せになれない教を脱会して気付いたこと 私は、数年前に努力しないといい男性と付き合えないという信仰を辞めました。 というか、そもそも“いい男”ってなんでしょうか。 日本のほとんど人が知っているいわゆる一流企業に勤め、年収1000万円、大学の時は運動部に入り、デートでは素敵なデートプランを用意してくれ、身長は175cm以上、顔は決して超絶イケメンというわけではないですが、誰からも嫌われない顔。 確かに世間一般的に見たらこれは“ハイスペックな彼”でしょう。 そんないわゆるハイスペックな彼と付き合ってみたことがあります。私の場合、スペックばかりに執着した彼とのお付き合いは大変なものでした。そのハイスペックさがあれば、少しの我慢くらい屁でもないのでは、と思っていたのです。その時ふと、どれだけハイスペックな人と付き合ったところで自分が無理をしなければならないなら結局辛いだけだということに気づいたのです。 そうです。当時の私はハイスペックな彼と付き合っては見たものの、あまりに自分を押し殺さなければならないシーンが多く、その時の自分は完全に疲れていました。幸せとは正反対のところにいたのです。 当時は“男性にモテる“ためにかなり努力をしていました。そしてそんな努力をして手に入れたはずの結果がこんなことになり、びっくりしました。 これを一生続けていくのは無理だな、とつくづく思わされたのです。  必要な努力はご機嫌な二人でいるための努力 自分史上最高の自分になったところで、自分史上最高の彼ができるとは限りません。自分史上最高の彼とは一体どんな人なのでしょうか。これって結局その人の中にしか答えはないのです。私は“ハイスペ“だけを求めて彼探しをしたわけですが、それが大失敗でした。一見いろんなスペックを身につけて周りから見たら順風満帆に生きていましたが、彼は全く自信がなくいつも周りの目を見てビクビクしていました。そしてそのビクビクさのために取り繕うことをしていました。私も当時あまりに子供だっためそんな彼を「なんでそんな風に生きてるの!?」と情けなく思い、半分ヒステリーになりながら時に彼を責めたりしました。私はとってもマイペースに生きていたため彼は私についていけなくなり、彼とのペースも会わず喧嘩も増えお別れすることになりました。 でも今ならそんな方法が間違っていたな、とよくわかります。彼の悪いところばかり見てもキリがないのです。大事なのは素敵なところを見つけて、それを育てていくことだったのです。誰だって弱いところや悪いところはあります。それは私だって同じことでした。当時の私がすべきことは彼の素敵なところを見つけて褒めてそして育てることだったのです。相手の悪いところをあげつらい始めたらお互いきりがないのです。そしてそれは私にとっても同じことなのです。 すべてある合格ラインを超えなければダメ、というならば、それこそ私は、常に世間一般で言われる“いい女”になるために頑張り続けなれけばなりません。そして彼も“いい男”と呼ばれるものになるために頑張り続けなければなりません。そうして付き合い続けることというのはあまりに楽しくないことです。  あなたや彼にとっての“いい男”や“いい女”というのはお互いがご機嫌でいられるかどうか、ということが何より大事なのです。そのためにもまず、相手のいいところをどれだけ見つけてそこをもっとお互いの関係の中で育むこと。あなたとお付き合いしている彼と一緒に行ってあなたはご機嫌になれますか?彼はあなたといてご機嫌ですか?まずは彼をご機嫌な男に育てるところから始めましょう。彼の素敵なところをたくさん見つけて、彼をますますいい男に育てましょう。そうしているうちにあなた自身の笑顔も増えてもっといい女になれるはず。世間一般からどう見えるか、ということよりも、自分も彼も幸せになれる、それこそがあなたの人生にとって一番大切なことなのですから。
私は、数年前に努力しないといい男性と付き合えないという信仰を辞めました。
というか、そもそも“いい男”ってなんでしょうか。
日本のほとんど人が知っているいわゆる一流企業に勤め、年収1000万円、大学の時は運動部に入り、デートでは素敵なデートプランを用意してくれ、身長は175cm以上、顔は決して超絶イケメンというわけではないですが、誰からも嫌われない顔。

確かに世間一般的に見たらこれは“ハイスペックな彼”でしょう。

そんないわゆるハイスペックな彼と付き合ってみたことがあります。私の場合、スペックばかりに執着した彼とのお付き合いは大変なものでした。そのハイスペックさがあれば、少しの我慢くらい屁でもないのでは、と思っていたのです。その時ふと、どれだけハイスペックな人と付き合ったところで自分が無理をしなければならないなら結局辛いだけだということに気づいたのです。
そうです。当時の私はハイスペックな彼と付き合っては見たものの、あまりに自分を押し殺さなければならないシーンが多く、その時の自分は完全に疲れていました。幸せとは正反対のところにいたのです。

当時は“男性にモテる“ためにかなり努力をしていました。そしてそんな努力をして手に入れたはずの結果がこんなことになり、びっくりしました。
これを一生続けていくのは無理だな、とつくづく思わされたのです。

 

必要な努力はご機嫌な二人でいるための努力

「女性が恋愛で幸せになりたいなら〇〇をしよう!」といろんなメディアから毎日のように手を替え品を替え本当にたくさんの提案をされます(Lipsもその一つだったりするわけですが)。 おしゃれに手を抜かない、仕事にやりがいを持って前向きに取り組む、プライベートも充実させる、見た目も味も良い料理を作る、部屋はちゃんと片付ける、細すぎず太すぎない体型のキープ、すっぴん風メイク、肌は白く艶を大事に、デートに行ったら例え奢ってもらえる可能性が高くても財布を出す素振りをする、笑顔を絶やさない、でもたまに涙も見せるetc..。 私たちが恋愛で幸せになるために、全てやらないといけないんだとしたら、体がいくつあっても足りない、、、と遠い目になります。 よく言われるいい女。背伸びしてなくて、仕事もできてプライベートも抜かりない、常にスマイルなご機嫌な女。これ、簡単に言いますけど、世間一般で期待されるいい女でいることってかなり大変なもの。 自分が“この人はいい女だな”と思う人も、私の前では軽やかにご機嫌に生きていますが、実際話を聞いてみると意外に大変そうな人生を送っているな、と感じること多いですよね。そしてそんな話を聞くたびに自分には無理だなって思っちゃいます。 そもそもいい女であることってそんなに大切なことなのでしょうか? 私たちはそんなに頑張らないと幸せになれないのでしょうか?  幸せになるための近道。 様々な幸せになるための条件。また幸せになるために提示される方法論。 自分が幸せになるためにやっているのに、なぜかどんどん苦しくなる。 いい女の条件や方法論を見ると自分がいま保有しているカードでは足りず、そもそもテーブルにさえのっていないのでは?なんて不安になってきたりします。 もちろんいい女の条件の中にはすでに自分が持っているカードもあったりするわけですが、持っているものでは勝負できない気がして、私は幸せになるためにもっと努力しなきゃいけないんだと強迫観念にかりたてられます。 もっといい自分になれば、もっといい人に出会えて、もっと幸せになれるはず。 だからもっともっと。 でもそんな気持ちがあなたを苦しめたりしていませんか?努力をすれば幸せになれるという信仰はもはや、呪縛のようにあなたにまとわりつきます。 もうそんな舞台から降りませんか?努力しないと幸せになれない教。そこから降りて初めて見えてくる世界があります。  努力しないと幸せになれない教を脱会して気付いたこと 私は、数年前に努力しないといい男性と付き合えないという信仰を辞めました。 というか、そもそも“いい男”ってなんでしょうか。 日本のほとんど人が知っているいわゆる一流企業に勤め、年収1000万円、大学の時は運動部に入り、デートでは素敵なデートプランを用意してくれ、身長は175cm以上、顔は決して超絶イケメンというわけではないですが、誰からも嫌われない顔。 確かに世間一般的に見たらこれは“ハイスペックな彼”でしょう。 そんないわゆるハイスペックな彼と付き合ってみたことがあります。私の場合、スペックばかりに執着した彼とのお付き合いは大変なものでした。そのハイスペックさがあれば、少しの我慢くらい屁でもないのでは、と思っていたのです。その時ふと、どれだけハイスペックな人と付き合ったところで自分が無理をしなければならないなら結局辛いだけだということに気づいたのです。 そうです。当時の私はハイスペックな彼と付き合っては見たものの、あまりに自分を押し殺さなければならないシーンが多く、その時の自分は完全に疲れていました。幸せとは正反対のところにいたのです。 当時は“男性にモテる“ためにかなり努力をしていました。そしてそんな努力をして手に入れたはずの結果がこんなことになり、びっくりしました。 これを一生続けていくのは無理だな、とつくづく思わされたのです。  必要な努力はご機嫌な二人でいるための努力 自分史上最高の自分になったところで、自分史上最高の彼ができるとは限りません。自分史上最高の彼とは一体どんな人なのでしょうか。これって結局その人の中にしか答えはないのです。私は“ハイスペ“だけを求めて彼探しをしたわけですが、それが大失敗でした。一見いろんなスペックを身につけて周りから見たら順風満帆に生きていましたが、彼は全く自信がなくいつも周りの目を見てビクビクしていました。そしてそのビクビクさのために取り繕うことをしていました。私も当時あまりに子供だっためそんな彼を「なんでそんな風に生きてるの!?」と情けなく思い、半分ヒステリーになりながら時に彼を責めたりしました。私はとってもマイペースに生きていたため彼は私についていけなくなり、彼とのペースも会わず喧嘩も増えお別れすることになりました。 でも今ならそんな方法が間違っていたな、とよくわかります。彼の悪いところばかり見てもキリがないのです。大事なのは素敵なところを見つけて、それを育てていくことだったのです。誰だって弱いところや悪いところはあります。それは私だって同じことでした。当時の私がすべきことは彼の素敵なところを見つけて褒めてそして育てることだったのです。相手の悪いところをあげつらい始めたらお互いきりがないのです。そしてそれは私にとっても同じことなのです。 すべてある合格ラインを超えなければダメ、というならば、それこそ私は、常に世間一般で言われる“いい女”になるために頑張り続けなれけばなりません。そして彼も“いい男”と呼ばれるものになるために頑張り続けなければなりません。そうして付き合い続けることというのはあまりに楽しくないことです。  あなたや彼にとっての“いい男”や“いい女”というのはお互いがご機嫌でいられるかどうか、ということが何より大事なのです。そのためにもまず、相手のいいところをどれだけ見つけてそこをもっとお互いの関係の中で育むこと。あなたとお付き合いしている彼と一緒に行ってあなたはご機嫌になれますか?彼はあなたといてご機嫌ですか?まずは彼をご機嫌な男に育てるところから始めましょう。彼の素敵なところをたくさん見つけて、彼をますますいい男に育てましょう。そうしているうちにあなた自身の笑顔も増えてもっといい女になれるはず。世間一般からどう見えるか、ということよりも、自分も彼も幸せになれる、それこそがあなたの人生にとって一番大切なことなのですから。

自分史上最高の自分になったところで、自分史上最高の彼ができるとは限りません。自分史上最高の彼とは一体どんな人なのでしょうか。これって結局その人の中にしか答えはないのです。私は“ハイスペ“だけを求めて彼探しをしたわけですが、それが大失敗でした。一見いろんなスペックを身につけて周りから見たら順風満帆に生きていましたが、彼は全く自信がなくいつも周りの目を見てビクビクしていました。そしてそのビクビクさのために取り繕うことをしていました。私も当時あまりに子供だっためそんな彼を「なんでそんな風に生きてるの!?」と情けなく思い、半分ヒステリーになりながら時に彼を責めたりしました。私はとってもマイペースに生きていたため彼は私についていけなくなり、彼とのペースも会わず喧嘩も増えお別れすることになりました。

でも今ならそんな方法が間違っていたな、とよくわかります。彼の悪いところばかり見てもキリがないのです。大事なのは素敵なところを見つけて、それを育てていくことだったのです。誰だって弱いところや悪いところはあります。それは私だって同じことでした。当時の私がすべきことは彼の素敵なところを見つけて褒めてそして育てることだったのです。相手の悪いところをあげつらい始めたらお互いきりがないのです。そしてそれは私にとっても同じことなのです。

すべてある合格ラインを超えなければダメ、というならば、それこそ私は、常に世間一般で言われる“いい女”になるために頑張り続けなれけばなりません。そして彼も“いい男”と呼ばれるものになるために頑張り続けなければなりません。そうして付き合い続けることというのはあまりに楽しくないことです。

 

あなたや彼にとっての“いい男”や“いい女”というのはお互いがご機嫌でいられるかどうか、ということが何より大事なのです。そのためにもまず、相手のいいところをどれだけ見つけてそこをもっとお互いの関係の中で育むこと。あなたとお付き合いしている彼と一緒に行ってあなたはご機嫌になれますか?彼はあなたといてご機嫌ですか?まずは彼をご機嫌な男に育てるところから始めましょう。彼の素敵なところをたくさん見つけて、彼をますますいい男に育てましょう。そうしているうちにあなた自身の笑顔も増えてもっといい女になれるはず。世間一般からどう見えるか、ということよりも、自分も彼も幸せになれる、それこそがあなたの人生にとって一番大切なことなのですから。

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼でいいの?(コラム)の人気記事

新しい記事

【コラム】いつまでもラブラブに!彼氏とのマンネリ脱却法とは?

花輪えみ

【コラム】本当の“いい女”とは? 小林麻央さんから学ぶ、“愛されるいい女”

コマツマヨ

【コラム】彼氏のことが好きかどうかわからない時に考えるべきこととは?

由佳

【コラム】彼氏とうまくいかない時に試してみたいこと

makicoo

【コラム】「性格の不一致」なんて結婚前にわかるはず!結婚後に後悔したくない人がすべき3つのこと

コマツマヨ

フォローする

 Facebook
 Twitter