「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

今回で5職業目を迎える職種別での本気度調査シリーズ。今までは警察官や消防士、自衛官などの職業について気になる人が多い、ということでこうした職業を重点的に取材を行ってきました。しかし今回は少し毛色を変えて”公認会計士”という職業にフォーカスを当ててみたいと思います。

会社全体のお金周りに関する仕事をしているOLなどではないと、あまり関わりがない公認会計士。

取材をする前は「会社のお金周りをなんかしている人なのかな?」という漠然としたイメージしかなかったのですが、実は合格率は約10%という狭き門をくぐり抜けたエリート。平均年収は800万円を超すなどいわゆるハイスペックさもあります。さてそんな頭が良くて、ハイスペックな彼らは結婚したい!と思う女性にどんな対応をするのでしょうか?

お堅い職業というイメージとは真逆?

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

  • Lips Man ステータス
  • 名前  :宮本さん
  • 職業  :公認会計士
  • 年齢  :30歳
  • 学歴  :東京大学
  • 年収  :700万円
  • 交際期間:2年
  • 趣味  :映画観賞
  • 似ている芸能人:青木隆治

公認会計士は前段でも述べ通り、エリートかつハイスペックな職業。どちらかというと堅いイメージが強い職業ですが、宮本さんはイケイケ感のあるはっきりした顔立ちのイケメン。

学生の時はインカレのイベントサークルに入ったりしてて、割と派手な方だったんですよ笑。それやりながらスクール通って、公認会計士の勉強してました。結局大学卒業してから1年くらいして資格が取れてそこから働き始めたんですよね。もともと勉強は嫌いじゃなかったから、そんなに苦痛ではなかったんですけど・・・」

頭も良くて、遊ぶ楽しさも知っていて、しかもイケメンなんて最強すぎる、と羨ましくなってきました・・・。そんな宮本さんはなぜ公認会計士になりたいと思ったのでしょうか。

「公認会計士になろうと思った理由としては、自分の手に職をつけたかった、というのが大きいですね。確かに弁護士とかいろいろあるんだけど、自分がずっと興味を失わずにできそうなのが、今の職業かなと思って公認会計士になるって決めました」。

手に職をつけたい、ということで選ばれたのが狭き門・公認会計士で実際に現在の職にしているというのがすごい・・・。そんなハイスペックボーイ宮本さんは1年前にご結婚されたということ。奥様はどんな人なのでしょうか。

一目惚れした奥様との出会いはまさかのクラブ?

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

「妻は普通のOLをしているんですけど、すごいタイプで一目惚れしたんです。え?出会い・・・それはですね、クラブですね笑。普段そんなに行くわけではないんですけど、取引先のいつもよくしてくれる社長に誘われて、付き合いで行ったらそんなことになりました。ナンパして連絡先教えてもらって頑張ってデートに誘って笑。あまりそういうこと今までなかったんですけど、これは運命だ!と勝手に思い込んで笑」。

クールな印象とは裏腹に恋愛にはすごく情熱的でびっくりしてしまいました。クラブで結婚までつながる出会いがあるなんて、とそこにも驚き。クラブも捨てたもんではないですね笑。さてその後も宮本さんの情熱的なアピールは続きます。

「正直本気度調査って言いますけど、俺もう付き合い始めからガチだったので笑。さっきも言ったように運命だと決めていたので、出会った瞬間から“この人と結婚しよう”って思っていて笑。あまりこういう人って少ないですよね・・・。だから俺がしたことと言えば、口に出して言ってましたね、常に。“結婚したい”って笑」。

決断力もさることながら、あまりにストレートな愛情表現をするのだな、とビビってしまいます。でも女性側からするとそこまでストレートに言われると“この人と結婚しても本当に大丈夫かな・・・?”という不安は無くなりそうですよね。今まで4名の人にこの取材をしてきましたがこのパターンは初めて。

運命の人だと信じて猛烈アピール!

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

「いつも恋愛するときそうなのか、と言われればそんなことなく一目惚れとかって本当になかった。それに一目惚れって最初が一番良くて、そこからはマイナスになるっていうけど彼女にはそういうこともなくて、結婚した今も毎日素敵なところが見つかります。ただののろけですね」。

幸せ大爆発という感じで、最初に会った時とは印象が全く違い、驚くばかり。さて奥様にぞっこんだった宮本さんは一体どうやって結婚までこぎつけたのでしょうか。

ほぼ毎回あったら、結婚したいと伝えていましたね笑。最初は妻も“冗談でしょ”みたいな感じだったんですけど、半年経った時に本当にプロポーズしたらさすがにOKしてくれました笑。電撃結婚で、家族にも付き合っている話とかしていなかったのでびっくりしてました笑」。

押し切っての結婚、ということ。でもここまで必死でアピールされたら幸せになれるはず!とOKしたくなる気持ちもわかります。さてそんな“自分の直感”を信じてした結婚。実際どうだったのでしょうか?

「結婚って勢い!って言ったりするけど、本当にそうだと思う。俺何なら一人でも全然生きていけると思っていたタイプだから笑。だからこういう風に出会えなかったら結婚って決められなかったかもな。それに俺自分で言うのもなんだけど、勘はいいタイプだと思っていて、その通りにしたら本当によかった。逆にこういう風な強引さも結婚には大事だと思ってます。自分は俄然彼と結婚したいけど彼が結婚してくれないという人はもっと積極的になったらいいのでは、と思います」。

 

彼女に一目惚れして、半ば強引に結婚を決めた宮本さん。あまりに積極的にこられるとちょっと身構えてしまう部分もあるかもしれませんが、きっとここまで好きでいてくれる人ならきっと自分を幸せにしてくれるはず。

逆に最後の宮本さんのアドバイスにもありましたが、“自分がお前を幸せにしたる!”くらいの心持ちで彼に接したら関係も前進するかも?珍しいパターンではありますが、運命の人って存在するんだな、と今回の話を聞いていて改めて思わされました。自分の勘を信じて、当たって砕けろ精神で、つっぱしてみてもいいのかも?結婚に悩める子羊の皆さんトライアンドエラーで頑張りましょう!

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼氏改造(実録取材)の人気記事

新しい記事

【実録取材】これで私は結婚した!彼に結婚を決めさせたテクニック

makicoo

【実録取材】あなたの彼は大丈夫?二股女ってこんな人

makicoo

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

Lips編集部

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査!(自衛官)

Lips編集部

【実録取材】近いからこそ楽?社内恋愛からの結婚した人に話を聞いてみた

Lips編集部

フォローする

 Facebook
 Twitter