「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】いつかは結婚できる?人生が充実しすぎで未婚。アラサー女性のリアル過ぎる不安

気づけば周りはどんどんゴールイン。いつかは結婚するつもりでいるけれど、「私ほんとうに結婚できるのかな……」なんて不安になってしまうこともありますよね。

そんな思いを経て、たくさんの人が結果的に結婚に行き着いているのですが、夜寝る前に漠然とした不安がこみ上げてきて思わずスマホを開き、独身の男友達の名前を探したり元彼に連絡を取ってしまいそうになった経験のある人もいるはずです。

「結婚しない人生もありかなぁ」と思う人はもちろんそれでいいんです。世の中の「結婚した方が偉い」「結婚がゴール」みたいな古臭くて窮屈な考えと逆を行く姿はむしろカッコイイ! でも、多くの人はそれほど自分の意思を強く持てなかったり、自分自身が将来どうしたいのかわかっていない人もいます。

いつかは結婚するつもりではいるけど、結婚できるか不安……。そんな漠然とした思いを持つ女性に、お話を伺ってみました。

独身貴族を謳歌するチナツさん

  • Lips girlステータス
  • 名前  :チナツさん
  • 職業  :生命保険会社事務
  • 年齢  :34
  • 学歴  :同志社女子短期大学
  • 年収  :500万円
  • 好きなブランド:Mila Owen
  • 似ている芸能人:坂下千里子

【実録取材】いつかは結婚できる?人生が充実しすぎで未婚。アラサー女性のリアル過ぎる不安

おっとりした坂下千里子、というイメージのチナツさん。短期大学を出て今の会社に入社して14年が経ちました。

「もうリアルお局です(笑)最近では、不倫しているとか相当性格に問題ありだとか、とにかくワケありだと思われているようです。男性の上司ももう昔のように結婚だの彼氏だの心配してくれなくなりました。タブーだと思われているみたい」

そんなチナツさん、独身・実家・そこそこ高給取りということもあって、毎年3回はハワイを含む南国へ海外旅行に出かけるそう。今まで訪れた国は20ヶ国以上!

「学生の頃から遊べるだけ遊びました。自分で言うのもなんですが、男遊びはあまり縁がなくて、今でいう女子旅とか女子会とかインスタ映えとか(笑)?とにかくリア充丸出しの生活でした。現在進行形ですが、34でリア充とかもう言えない……」

海外旅行に加えて、サーフィン、スノーボード、山登り、キャンプ、料理教室、最新イベント、フェス、着付け教室、お茶会、ポーセラーツ、温泉巡り、大晦日の第九鑑賞(!)など……書ききれないほどいろいろなことを経験したそう。

「今も週末は家にいることはないので、たまに予定がなくて家にいると家族がマジでびっくりします。」

30を超えて、彼氏と呼べる男性は数人いたけれど、どれも長く続かず終わってしまったよう。

「本当に人生満喫していて、結婚なんてする暇ないし、彼氏がいるとこんな楽しく遊べないとすら思っています。だから続かないのかな(笑)」

自分のことを好きになる人を好きになれない

そんな自分の努力で恵まれた生活を続けているチナツさんですが、恋愛に関して一つだけ問題があるよう。

「自分のことを好きになってくれる人をどうしても好きになれないんですよね」

チナツさんはすっごくモテるのだそう。今回チナツさんのお友達にも取材を行ったところ、

「高校の時から知っていますが、彼女のことを好きな男性はたくさんいました。告白された数も10人、20人どころじゃすまない。年上にも年下にもモテて、合コンなんかは男子のほとんどが彼女の番号を聞こうとするから、男子同士後で気まずくなったと言う話は何度も聞いたことがあります(チナツさんの友人・シホさん/34歳既婚)」

そんなにモテるのに、これといった彼氏がいたことがなかった彼女。

「良い顔をしすぎなんですかね?たくさん好きになってくれるんですが、こっちの気持ちが盛り上がる前に告白されたりするので、それまで少し気になっていた人でもなんだか気分が冷めちゃうんです。全然知りもしないのに私のどこを好きになったの?って思うんですよね」

彼氏ができても海外旅行や友達との付き合いを控えることは一切しないと思う、と言います。

「今まで告白してくれた人は、私になにか違ったイメージを抱いている人が多かったようです。遊んでいること隠してないし、SNSでも投稿しまくってるのになんでかなぁ。だから、今まで付き合った人には『また遊びに行くの?』って言われることが多かった。」

言っておきますが、彼女は全然パーリーピーポータイプではありません。見た目はもちろん、お酒も弱いしクラブに行った経験なんかもほとんどないそう。守ってあげたいタイプなのに、一人でも十分生きていけて、しかも充実しまくっている!

「今まで長く続いた人は、私から好きになった人。でも、私の今の生活を知ったら、普通はちょっと引いちゃうかもしれない。だって毎週絶対予定あるし。貯金全然ないですし。まぁ死なない程度にはありますけど。」

 

結婚はいつかするものって思っていたけど……しない方向も現実味を増してきた

34歳になった今も、結婚はやっぱり現実的ではないそう。

「結婚に焦っていないことが最大の悩みかな。それに、危機感を持っていないことも大きな問題。普通だったら悩むべきですよね(笑)でもこれで34年生きてきたから、周りに流されず、このままもう少し自分のペースで行こうと思います」」

 

周りに流されて結婚に焦ってしまうと、正しい判断ができず、思ったような結婚生活が歩めないことだってあります。結婚のタイミングは人それぞれですから、結婚に対する実感が湧かないうちは、まだ結婚すべき時ではないのかも。

結婚に対する不安で眠れない夜もありますが、ベストなタイミングがやって来るまで楽観的にいることも大切かもしれませんね。

 

おすすめの記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

彼でいいの?(実録取材)の人気記事

まだデータがありません。

新しい記事

妥協?計算?本当に2番目に好きな人と結婚して女性の本音

コマツマヨ

【実録取材】彼の親子関係が2人の結婚の直接的な影響になるのか、ならないのか

コマツマヨ

現役パパに直撃!バツイチ・子持ち男性と付き合うメリットって?

コマツマヨ

【実録取材】いつかは結婚できる?人生が充実しすぎで未婚。アラサー女性のリアル過ぎる不安

コマツマヨ

【実録取材】婚活で本当に運命の人に出会える?婚活で出会い結婚した人の実際。

Lips編集部

フォローする

 Facebook
 Twitter