「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【コラム】自分の彼に対する気持ちが重い! そんな時に試したいこと

束縛や嫉妬などのいわゆる重〜い彼氏をどうかわすかで悩む人がいる一方、自分自身が彼に対して重い気持ちをもちすぎて悩む人もいます。彼のことが好きすぎるあまり、彼から連絡がないと震える、という軽めの症状から始まり、会えない時間に「今どこで何してるんだろう?まさか他の女と一緒にいるのでは」なんて幻想が見え始め、そんな幻想を見続ける日々が辛くなり「他の女と連絡を取るのは一切禁止」などの規則を設けて彼のことを縛る。

だけど、そんな自分の行動や思いとは、裏腹に規制された彼の方にしてみると、重い彼女に辟易してきて、本当は好きだった彼女への愛情が冷めてきてしまったり・・・。

明らかに付き合っている当初よりも自分への熱量が下がっている彼を見て“こんなはずじゃ”と思う気持ちと、彼が離れていくのが怖くなってより一層束縛する手を強めてしまう・・・という悪循環。重い気持ちを持たれている側も束縛や嫉妬などをされて辛い気持ちになるのは当然ですが、重い気持ちを持ってしまう側も持ってしまう側で辛くなったりします。

もちろん男女の関係の中で“愛がある“って非常に重要なことですが、それも度をが過ぎれば関係を悪くしまう原因となります。ご飯も運動も愛もなんだってやりすぎないくらいがちょうどいいもの。重すぎる自分の気持ちと、どう折り合いをつけていけばいいのでしょうか?今回はそんな気持ちとの折り合いのつけ方について考えてみたいと思います。

なぜ私たちは重いと思われてしまうのか。

自分の気持ちが重い・・・! そんな時に試したいこと

男女関係において「重い」と思われてしまうのは、相手と自分の理想の付き合い方や言動にギャップが生じているから。例えば束縛なども、彼も同じくらいするような人だった場合、「彼女が重すぎる」という風に思うことは多分ありませんよね。中には「俺は他の女と遊んだり、連絡を取ることはいいけど、お前はそういうことしたらダメだ」というジャイアン気質な人もいると思いますが、そんなジャイアンに「他の女の子と連絡取らないで」と言ったところで彼女重いなあ、と思われたりすることは多分ありませんよね(束縛や重いとは別の軸でそんなジャイアントは別れた方がいいと思いますが・・・)。

しかしこれが、割と友達は男女関係なく幅広く遊びに行くし彼女に対してもそういうことを許している彼と、一方で自分との時間を最優先して欲しいがためにそうした友達付き合いをすることは一切許さない彼女となると、やはり端から見ても彼から見ても”彼女重いなあ”と感じられてしまいます。

こうしたギャップが男女関係における“重い“の原因となります。

さてではそんな重さを解決する方法について考えていきたいと思います。

とにかく彼のことを考える時間を減らすこと

自分の気持ちが重い・・・! そんな時に試したいこと

「いや、好きなんだから彼のこととか考えるのも、仕方ないじゃん・・・」という声が聞こえてきそうですが、でも1日24時間あるうちの睡眠時間6時間を抜いた18時間くらい彼のこと考えてないですか?

少しでも暇ができると「今、彼は何してるんだろう」。美味しいものを食べたら「彼とこのご飯食べたい」。これくらいなら可愛いものですが、彼不在の間に彼のことを考えれば考えるほどなぜかどんどん彼に対する思いは重たくなってきます。

「彼は私のことどれくらい好きなんだろう」「結婚するつもりはあるんだろうか」「もし取引先や職場で彼のことが好きな人が出てきてしまったらどうしよう、一緒の会社に勤めた方がいいのではないか」「もしかしたら私よりも友人などといる時間の方が彼にとっては幸せで、このまま過ごしていたら私はいつか捨てられるのでは」、などなど。そんなことを考えているうちに、頭の中のBGMはドナドナに・・・。

取らぬ狸の皮算用ではないですが、だいたい起こってもないのに妄想だけが大爆発してしまっています。妄想が全てハッピーなものならいいのですがだいたい頭の中での彼についての妄想は良くない方へと進み、あなたを不安へと駆り立てたりするんですよね。そしてその不安から束縛や嫉妬などへと発展していくという重い女の鉄板ルートを辿ることになります。

さてこうした状況を打破するためには、どうしたらいいのでしょうか。

あまりにシンプルな結論ですが、彼のことを考えてしまう余計な時間を極力減らすしかありません。趣味でもいいですし、友達と会う時間を増やすでもいいです。仕事を頑張るでもいいと思いますし、副業を始めるなどでもいいと思います。

とにかく彼以外の時間を無理矢理でもいいから作りましょう。彼といる時間を極力たくさんとりたい!と思い、ついついスケジュールは全部開けておいてしまう、という気持ちよ〜くわかります。でも目先の会う時間のために彼に重い、と思われて嫌われてしまうっては本末転倒。ここはぐっとそうした気持ちは抑えましょう。

そんな風に自分の時間を楽しんでいるうちに、彼のことを考えすぎていた自分と自然におさらばできていたりします。そして彼のことを考えすぎていた頃の自分がしていた束縛や嫉妬などの行動もそこまでしなくてもいいのかも・・・?と思えてきたりします。

多分彼自身も自分の予定がなくあなたが会いたいと言ったらスケジュールを空けてくれるとっても優しい人なのでは?その優しさをある意味あなたは利用しているのかもしれません。彼に甘えてどんどん気持ちがエスカレートしてしまうんですよね。もちろん彼の優しさに甘えることが時に大切になることもあります。だけどやっぱりそうした優しさや愛情はむげに扱われるとどんどん消耗していきます。

 

本来彼氏に対してついつい重くなってしまうのって彼と一緒にいたいという気持ちがあるからこその話だと思います。だけどその気持ちが裏目に出て彼との関係を台無しにしてしまうのはもったいないこと。

まずは、彼と一緒にいる時間も自分で楽しめるような努力をしてみること。ひとまず意識してみるだけでも、彼との関係が少し変わってくるはず。自分自身が自立していて、彼の自由も許してあげられる、そんな風になればお互いの関係はもっとハッピーになるはず。まずは彼に対して重くなりすぎてしまっている自分を受けいれて、変わる決意をしてみるところから始めてみましょう。

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼氏改造(コラム)の人気記事

新しい記事

【コラム】彼氏大好きだから気を付けたい6つのこと

makicoo

彼氏との旅行どこ行きたい?人気の旅行スポット33選

Lips編集部

そっけない彼氏に対してどう対応するのが正解?

Lips編集部

記念日や誕生日に!彼氏へアルバムを手作りする際に使えるアイディア30選

Lips編集部

【コラム】自分の彼に対する気持ちが重い! そんな時に試したいこと

Lips編集部

フォローする

 Facebook
 Twitter