「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.24 「キズバツイチ」

こんにちは。白玉あずきです。結婚を視野に入れた人生を考えているけれど、さて、どうしたものだかと、もやもやしている働くアラサーのみなさん。そんな方々に「本当にこの人と結婚していいのか」をジャッジするヒントにしてほしい「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑。第24回は「キズバツイチ」です。

再婚に前向きになれない「キズバツイチ」

盛夏に涼やかな音色を奏でる昆虫のようなネーミングになりましたが「キズバツイチ」。バツイチの過去がキズになっている男性です。

独身アラサー、そしてアラサー超えの女性にとって、バツイチそのものは、恋愛はもちろん、結婚相手としても射程距離範囲内でしょう。

離婚理由が、DVだったり、借金グセによる莫大な負債だったり。相手をチェンジさせたところで絶対に変わることのない本人の資質が原因の場合は有無を言わせずNOですが、女性側に問題があったり、単純な相手との性格の不一致だったり、多忙な仕事環境などによる家庭生活継続の断念だったりする場合、「結婚に失敗しているわけだから」と一蹴せずとも、「ふたりなら大丈夫」が現実になることも多いものです。

後者のバツイチさんたちは、「前回は残念な結果になってしまったけれど、次こそ温かい家庭をつくりたい」と思っていますし、現に、ひと回り以上年齢が上のバツイチさんや、前の奥さんとにお子さんがいるバツイチさんと結婚して、幸せ家族を満喫している人もたくさんいます。

しかし、キズバツイチは、そうではありません。好きな女性とお付き合いしていても、「結婚という制度に縛られたくない」「できることなら、結婚という形をとりたくない」と思っているのです。

キズバツイチの本音は「やっぱり結婚って面倒くさい」

キズバツイチは、よく言えば孤高です。そして、「思うように自由にやりたい」「自分の人生を他人にとやかく言われたくない」と思っています。
でも、結婚はどうでしょうか。「旦那さんなんだから」という枷がつき、妻は妻の当然の権限として「こうしてほしい」という要望や「あなたはこうすべき」という考えを多かれ少なかれ押し付けてきます。

それが、キズバツイチにとっては負担なのです。人生に結婚制度を導入したとたん、いきなり窮屈になってしまう生活が耐えられないのです。

そのため、付き合っていても、ふわふわと結婚話をはぐらかします。

「結婚しても、今の生活と何ら変わらなくない? 子どもが欲しいなら別だけど、ほしくないんだよね?  じゃあ、なんで結婚にこだわるの?」などと、あたかも自分がまっとうなことを言っているような風情で、こちらを丸め込もうとします。

その態度があまりにもナチュラルなので、女性側も、ついうっかりと「そう言われてみればそうだよね…」と魔法にかかってしまいます。しかし、時間が経つにつれ「おやおや? それ、おかしくね?」と思いだし、「いや、絶対おかしいっしょ」と目が覚めた瞬間に、彼に対する不信感がムクムクと芽生えてくる。

キズバツイチは「結婚制度に縛られる俺」が嫌なだけで、彼女は大切。遊びでつきあっているわけでもないし、誠実さもあります。だから、「この人って私のことを本当に好きではないのかな?」という件については、そんなはないですよ、と胸を張って言えますが、こと、「結婚したくないのかな?」という疑問については、うーん、そうかもしれないですね…とムニャムニャと言わざるをえません。

 

繰り返しになりますが、キズバツイチは、彼女のことは嫌いじゃありません。むしろ、好きだし、よりよい関係をこのまま築いていきたいと思っています。

なので、女性側から「結婚する気がないなら別れましょう」と言うと、「じゃあ別れましょう」とはなりません。「別れるのはイヤなので、結婚しましょう」となる。こちら側から、ラストカードを切れば、相手は乗ってくるのです。

でも、それは、彼女と別れたくないがための手段なだけであって、結婚制度導入に伴う拘束感を受け入れ、準じようと覚悟を決めたわけではありません。

だから、結婚しても安心できない。彼を自由にさせていられる間は、円満でしょうが、キズバツイチは、自分が旅行したくなったら勝手に計画をたてます。そして、あなたの予定が合わなければ、別の女と行きます。

あなたが一緒に行きたいと誘った場所は、自分が行きたくなければ断ります。あなたが手の込んだ手料理を作ったとしても、その日に自分が食べたいものと違えば、「外に食べに行こう」ってなります。

キズバツイチはそういう人です。悪い人ではないです。ただ、相手のために我慢するということがないだけです。

そして、相手の自由は尊重しません。「俺がこうだから、仕方ないか」は通用しないのです。あくまでも「俺は俺。お前が俺と同じことをしていいかっていったら、もちろん、ダメ」。それは、恋愛中でも同じです。キズバツイチは「今は、女だちとも切れてないみたいだけれど、結婚したら自分だけを見てくれるはず」は通用しません。

つまり、女性にとっても、キズバツイチとは「ステイ」がベスト。で、「一刻も早く幸せな結婚がしたい」のであれば、早めに手を切った方がよいかもしれません。

 


written by 白玉あずき

おすすめの記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

連載(コラム)の人気記事

新しい記事

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.29  エビ男

白玉あずき

「モラハラ男」に耐えて本当に傷つくのは、あなたじゃない

Lips編集部

宮迫さんもたぶんコレ!? 白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.28  NOと言わない男

白玉あずき

「カンペキな男」はどこにも転がっていない

Lips編集部

白玉あずきの「その男と結婚しちゃダメ!」図鑑 Vo.27  俺通信男

白玉あずき

フォローする

 Facebook
 Twitter