Lips
「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】彼氏に甘えることで「ただの同居人」を回避しよう!

「一緒にいるだけでなんだかエロい気持ちになる」というのは、今は昔。「そんなのは、いつの頃じゃったかのう・・・」となぜかジジイ口調になってしまうほど遠い昔のことになってしまったという同棲カップルの皆さん、危険です!なんということでしょう。

カップルとして同棲を始めたのに、なんと今はただの同居人へと様変わり!なんて言ってる場合じゃありません。劇的ビフォーアフターだとしたらそれは大失敗のリフォーム事例として今後語り継がれてしまうほどまずいです!色気もへったくれもない同棲生活を続けていると、結婚なんてどんどん遠のいていきます。ここらでもう一度「一緒にいるだけでなんだかセクシーな気持ちになったあの頃」の気分を思いおこしてみませんか?でもそんなこと、簡単に言うけどどうしたら・・・とお思いの皆さん。今回は同棲生活を続けて、なあなあになっていた関係を彼女からの“あるアクション”で色気を取り戻せたという空前絶後の超絶怒涛のセクシーエピソードをお持ちのシュンタロウさんにお話を伺いました。それでは早速セクシーな同棲生活を取り戻した秘話をとくとご覧あれ!

 

長い同棲生活、マンネリを打開した彼女の言葉とは?

  • Lips boyステータス
  • 名前  :シュンタロウ
  • 職業  :某大手広告代理店子会社
  • 年齢  :28歳
  • 学歴  :中央大学
  • 年収  :450万円
  • 交際期間:3年
  • 趣味  :音楽ライブに行くこと、写真
  • 住んでいる所 :三軒茶屋
  • 似ている芸能人:菅田将暉

【実録取材】彼氏に甘えることで、「ただの同居人」を回避しよう!

「彼女とは、俺のめっちゃ仲良しの友達と一緒に遊んだ時に知り合ってめっちゃ顔がタイプだったんですよ。あとは彼女は趣味とかもバッチリあってたしいいなあと思ってたら付き合うことになりました」。

彼女は木村文乃似でおしゃれな女の子だそう。シュンタロウさん自身もストリート系のファッションで非常におしゃれに気を使っている印象でした。

「それで付き合ってすぐに同棲は始めました。もともとは俺が一人暮らしをしてて、彼女も近くで一人暮らししてて、なし崩し的に同棲生活が始まりました」。

やはりお互い一人暮らしをしているとなし崩し的に同棲生活が始まるというパターンは超ありがち。

「最初は毎日のように本当に猿のように笑、エッチばっかりしてました。顔もタイプだったし。まあ同棲始めて1年くらいですかね、そんなことが続いたのは」。三軒茶屋の1DK

8万円の家でおしゃれな人たちがヤリまくる生活ってなんだか本当にエロいですよね。でもみんな同棲したてはそんなものなのでしょう。

セックスばかりの1年目、しかし2年目にもなると

「でもだんだんやっぱヤッてることは代わり映えしないし、お互い仕事もなんか忙しくなったりとかして、セックスの回数が2年目は相当減ったんですよね。2年目の終わりは月1ヤるかヤんないかくらい。最初は新鮮だった同棲生活も慣れてきて楽しくもなくなってくるし。あんなに顔がタイプだと思った彼女にすら色気なんて一切感じなくなるんですよね、なんか彼女も手を抜き始めたし・・・」

とやはり彼女が女をさぼってるという事実は男性へ如実に伝わる模様。おしゃれな人だとなおさらそういうことに敏感なんでしょうね。またありがちな同棲生活のマンネリなども原因でほぼセックスレスになったと言います。

【実録取材】彼氏に甘えることで、「ただの同居人」を回避しよう!

「彼女は顔がかわいいから、今まで散々ちやほやされてたんですよね。で、俺も別にモテないこともなかったし。お互い同じレベルの人間だと思ってるんですよ、俺的には。だからお互い愛情はあったけど、そういう状況で彼女的には好きな人の好きレベルが明らかに冷めているという事実にやきもきしてたんでしょうね」。

確かに大切な彼氏の自分への愛情レベルが下がっているという事実ほど悲しいことはありません。それがラブラブだった時期があるなら尚更そうでしょう。

「それで付き合って3年に突入した時に、まず彼女が女をがんばり始めたんです。“あれ?可愛くなったかも?”と思って。まずそれでなんか気持ち的には少し復活しますよね。でも昔ほどそういうラブラブみたいな空気も流れてない中でいきなり、昔みたいに彼女へ接することが俺は無理でした」。

やはり女を頑張るだけだと同居人を回避するのは難しいようです。ではシュンタロウさんの彼女は一旦どんなアクションを起こしたのでしょうか。

その頃はもはやスキンシップも激減していました。それで彼女が可愛くなり始めたなと思った頃に、休日一緒にいつものようにお互い好きなことしてダラダラ過ごしている最中に、いつもは隣にも座ってこないのに、いきなり隣に座ってきたんです。それで、なんか肩にもたれかかってきて。俺は“おお?”と思ったら、“ねえ、最近さあ冷たくない?”って超甘えた感じで言ってきたんです。そしたら今度は肩にもたれかかるのをやめて彼女が俺の方を向いて、俺の手を握って胸のあたりに持っていって、“寂しいんだけど”って上目遣いに言われたんですね。もう、俺久しぶりに興奮しました」。

セクシー!と叫びたくなってしまうようなエピソード。素晴らしいです。

【実録取材】彼氏に甘えることで、「ただの同居人」を回避しよう!

「思い出すだけでも興奮してきました笑。やっぱり彼女かわいい!とあの頃の気持ちが再燃しました。まあそのあとめちゃくちゃやりまくりましたよ笑」。

最初は彼女も緊張したことでしょう。でもその勇気が彼とのセクシーさを取り戻してくれたようです。

「それから彼女もスキンシップとかを積極的にしてくれるようになって、それが普通になるとなんだかこっちも誘いやすくなるし、自分からも甘えやすくなるんですよね」。

どちらかが最初の一歩を踏み出さないと相変わらず色気のないただの同居人としての生活が続いていくだけです。

「彼女といると落ち着くし、そういう風に気を使わずに甘えられるし甘えてくれるし改めて彼女のことが大切だとそれから思えるようになりました。生活していくには何の問題もないし、あの頃の気持ちが蘇ったことで、ああやっぱり彼女と結婚したいなあという気持ちも高まりました。上手に甘えてくれた彼女に感謝しています」。

 

いかがでしたでしょうか?なんだかセクシーすぎて取材内容を書き起こしているだけでエロい気持ちになってきました。最初の一歩は緊張するでしょう。「もし彼が私のことを拒否してきたら?」と思うとなんだか足がすくんでしまいますよね。でも同棲して一緒にいる期間が長いのであれば、どう甘えれば興奮するかなどもきっとわかってますよね?その方法とあとはタイミングを間違えなければあの頃のセクシーが取り戻せるはずです。今度の誕生日はあなたのセクシーを彼氏にプレゼントしてみませんか?上手にプレゼントできれば次のあなたの誕生日にはあなたが欲しかった“結婚”が待っているかもしれません。頑張ってセクシーを極めましょう!

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼氏改造(実録取材)の人気記事

新しい記事

【実録】結婚してくれない彼と別れるべき?電話占いで占ってもらった体験談

落 モチ代

【実録取材】これで私は結婚した!彼に結婚を決めさせたテクニック

makicoo

【実録取材】あなたの彼は大丈夫?二股女ってこんな人

makicoo

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

Lips編集部

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査!(自衛官)

Lips編集部