Lips
「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】結婚に近づくための秘儀!彼氏の心が動く手紙とは・・?

LINE、Twitter、Facebookにインスタグラム…。沢山のSNSを使いこなしていくうちに、自分と相手しか見ることのない“手紙”の魅力、忘れていませんか?SNSとは違って、書いた本人と、渡した相手にしか読むことのできない完全非公開の想いが、手紙にはぎゅっと凝縮されています。それって結構、素敵なことじゃありません?

なかなか手紙を書かなくなったこのご時世だからこそ、むしろ手紙には人の感情に働きかける魔力があると言えそうですよね!画面上で感謝の言葉を読むよりも、手紙に書いてあった方がその思いが伝わりやすくなることは、きっとみなさんも想像がつくかと思います。そして、このことを結婚に近づくための秘儀として使わない手はありません!!!

そこで今回、Lips編集部は“彼に手紙を送ったことで結婚が近づいた”という女性にインタビューをしてきました。彼の心を動かす手紙の書き方を学びましょう!

結婚へ及び腰の彼の誕生日の日に・・・

【実録取材】結婚に近づくための秘儀!彼氏の心が動く手紙とは・・?

  • Lips Lady ステータス
  • 名前  :ミキ
  • 職業  :製菓メーカー
  • 年齢  :28歳
  • 学歴  : 明治大学
  • 年収  :500万
  • 交際期間:3年
  • 住んでいる所 :国分寺
  • 好きなブランド:GLOBAL WORK
  • 似ている芸能人:小松未可子

今回取材に応じてくれたのは明治大学 農学部 農芸化学科を卒業した、いわゆる“リケジョ”のミキさん。大学で学んだことを生かし、現在は製菓メーカーの研究チームに所属しているのだとか。そんな理系脳なみきさんが、どのようなタイミングで、どのような内容の手紙を送ったのかについて、詳しく聞いていきましょう!

ミキさんは2ヶ月前に彼からプロポーズされたとのことですが、そのきっかけがみきさんの手紙だったということでしょうか?

「そうだったと自分では思っています(笑)彼が私との結婚を踏み切れていないときに、私があの手紙を送ったことで、彼の背中をポンと押した形になったんだと思います。」

どんなタイミングで手紙を渡したのでしょうか?

「ありきたりですが、彼の誕生日にプレゼントと一緒に渡しました。手紙を書こうにも、やっぱりなにかのイベントごとがなければ、書きづらいし、渡しづらいですよね。誕生日に手紙を渡すのは定番かもしれないけれど、渡す方的にはやりやすかったです。」

誕生日ならたしかに渡しやすいですね!

彼とは3年付き合っているそうですが、ミキさんはそれまでも結構手紙を書いてプレゼントしていたのでしょうか?

「付き合いたての頃、記念日に渡したことがありますが、それっきり。小さなメッセージカードをプレゼントに添えたりはしていましたが、便箋に封筒を買って書いたのは3年ぶりでした」。

そうだったんですね!久しぶりに書いた手紙だったからこそ、より彼の心を動かしたとも言えそうですね。ちなみに、先ほどミキさんは“彼が私との結婚を踏み切れていない”とおっしゃっていましたが、彼のどんな行動や言動からそう思ったんですか?

「ほぼ8割は勘ですが、それでは答えになっていませんよね(笑)思い返してみると、彼のご両親と何度もお会いして仲良くなっていたことや、私の親と彼も仲良くなっていたこと。そして彼の友達にも会わせてくれてたことは、彼は私と結婚を考えているという確信を深める材料だったと思います!

あとは、将来の話をたくさんするようになったこと。結婚というフレーズはないものの、兼用の車を買う話や、家具を揃えるときも“これは何年かたったら〜”みたいな言葉が自然と彼からでるようになったことも、理由のひとつです。

ですが、いまいち確信的な言葉は出てこなくて。私がわざと友人の結婚式の写真を見せたりするとなんとなくソワソワ。そんな様子を見て、まだ踏み切れてないのかなって思いました。」

あ〜なんとなく彼氏さんの様子、想像できます(笑)

そんな煮え切らない彼を見て、手紙を書こうと思ったんですか?

そんな煮え切らない彼に書いた手紙の内容とは?

「ん〜100%そういう下心って訳じゃないですけど、100%純粋な気持ちで書いたわけでもありません(笑)ただ、これを読んでなにか考えてくれたらいいな〜、感じてほしいな〜とは思っていました。」

【実録取材】結婚に近づくための秘儀!彼氏の心が動く手紙とは・・?

ここで、ミキさんがこっそり持ってきてくれた、当時彼に送ったのお手紙の内容を見ていきましょう。

  • まさやへ
  • 30歳のお誕生日おめでとう!!!
  • こうやってお祝いするのも3回目だね。今年もお祝いできて本当に幸せです^^
  • 初めてふたりでお誕生日をお祝いした時は、品川の水族館に行って、そのあとホテルディナーっていう超デートっぽいことをしたよね!お互いにもう大人なのにどきどきしちゃって、今思えば初々しいデートだった(笑)
  • そして2年目はまさやの家で私がフルコース料理に挑戦!その頃全然、料理上手じゃなかったのに、まさやは“どんなレストランで食べるより美味しい!”と絶賛してくれたことを覚えてます。絶対そんなことあり得ない出来だったのに、そう言ってくれたまさやの優しさが嬉しかった!それが嬉しくて、その日から料理の腕をあげようと心に誓ったの!実はね(笑)
  • 同棲を始めてから、毎日のようにご飯を作るようになったから、あのとき頑張って料理の腕を上げておいてよかったよ〜!最初はレシピがないと料理できなかったけど、ちゃんと今はパパッと作れてるでしょ?(笑)
  • こんな風にまさやと一緒に過ごしながら、お互いに成長していることが本当に嬉しいです。まさやが頑張ってるから、私もそれに負けないように頑張らなきゃ〜っていつも思う!いつも本当に尊敬しています!
  • でも、たまには仕事の愚痴とか言ってね!頑張りすぎじゃないかな〜って心配になるから(笑)頑張りすぎは厳禁だよ!頑張ってるまさやも大好きだけど、疲れた〜って甘えてくるまさやのことも大好き!3年もたってこんな風に尊敬できて、大好きな彼氏がいることが私にとっても誇りです。来年も再来年もずーっとお祝いさせてください!まさやにとって、私も誇りの存在になれるように頑張るね^^
  • いつも本当にありがとう!大好きだよ〜♡ お誕生日おめでとう!
  • ミカ

なんとも熱量のある手紙ですね。彼氏さんも喜んでくれたのでは?

「すごい喜んでくれました!私、普段“大好き”なんて言わないんですけど、手紙ではかなりふんだんに取り入れてみました(笑)」

他には手紙を書く際に意識したことはなにかありましたか?

「ん〜そうですね〜。今までの二人で共有しあった経験、そして未来については書こうと思って書きました。そしてそれは狙い通り、彼の心に響いたようで。

今まで時間とお金と労力をかけて築き上げたものを、壊そうと思う人ってよっぽどのことがない限り、なかなかいないと思うんです。だから、今まで過ごしてきた日々を回想することで、そういう“今まで築き上げたものをないがしろにしては勿体無い”みたいな気持ちにさせられると思うんです(笑)そしてそれにプラスして、未来のことも書けば、私が彼とこの先もずっと一緒にいたい、つまり結婚したいことをアピールできるかなあと」。

たしかにそのアピールは大切ですよね!

実際、そのミカさんの狙いに対する彼氏さんの反応はどのようなものだったのでしょうか?

「ばっちり、過去と未来の部分に反応してくれていました(笑)“そうだよね〜付き合い始めた時は 俺29歳だったんだよな〜。で、今もう31歳か〜立派な大人だよな〜”とか言って、付き合いの長さを実感してくれました。

そのあとに、“来年もこうして二人でお祝いしようね”って言ってくれました。で、彼の誕生日のちょうど2週間後に記念日があり、そこでプロポーズをされたんです!手紙効果があったとしか思えません!(笑)」

【実録取材】結婚に近づくための秘儀!彼氏の心が動く手紙とは・・?

ミカさんの彼は当たり前と言えば当たり前ですが、手紙によって結婚を決めたわけではなさそう。しかし、“どうしよう…”といまいち踏み切れていない状況で、過去と未来に対することが書かれた手紙を受け取ったことにより、そのモヤモヤをポーンと吹き飛ばし、結婚への決意を固めることになったと言えるでしょう。心のこもった手紙には、そのような効力があると言えそうです。

今もし、みなさんが“彼は多分私と結婚する気があるんだろうけど、なかなかプロポーズの言葉がでてこないな…”と思っているのなら、ヤキモキするのではなく、ミカさんを見習った手紙を書いてみてもいいかもしれません。“結婚”のワードは出さず、あくまでも日頃の感謝の気持ちをこめて書きましょう!

自分たちが今まで一緒に過ごした時間、そしてこれから過ごしていくであろう 未来について触れ、彼に“そうだよな…こんな二人なら大丈夫だ!”と思わせることが大切です。手紙の魔力をあなどってはいけません!丁寧に丁寧に、自分の気持ちを便箋に落とし込んでいきましょう!!

おすすめの記事

カテゴリ一覧

彼氏改造(実録取材)の人気記事

新しい記事

【実録取材】これで私は結婚した!彼に結婚を決めさせたテクニック

makicoo

【実録取材】あなたの彼は大丈夫?二股女ってこんな人

makicoo

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査(公認会計士編)

Lips編集部

【実録取材】彼氏と結婚したい!職種別での本気度調査!(自衛官)

Lips編集部

【実録取材】近いからこそ楽?社内恋愛からの結婚した人に話を聞いてみた

Lips編集部