Lips
「今の彼じゃないのかなあ」本音で語る恋愛マガジン

【実録取材】男はDNAレベルで浮気する生き物!?浮気する心理を探れ

何度いざこざを繰り返しても、どうしても浮気をやめない男がいます

彼女にどれだけ怒られようと、浮気相手との修羅場が発生しようと、興信所に相談されようと。彼らはそこまでされてもなぜ浮気を繰り返すのか。彼らの心理は、女性としてはなかなか理解しがたいもの。

今回は、「浮気といえばこの人」と私の中で1番最初に頭に思い浮かぶ男性に取材を行った。彼は、彼女と付き合っている最中に私が知っているだけでも20人以上と浮気をしてきた強者。なぜ浮気をしてしまうのか、そして浮気をしてもなお彼女と付き合い続けるのか、彼に徹底追及していきます。

浮気メンズに緊急取材!!

男はDNAレベルで浮気する生き物!? 浮気する心理を男性に徹底追及

  • Lips boyステータス
  • 名前   :マサキさん
  •  職業  :社長業
  •  年齢  :28歳
  •  学歴  :上智大学文学部卒業
  •  年収  :300万
  •  交際期間:3年
  •  趣味  :フットサル
  •  似ている芸能人:生田斗真

響の良い「学生起業家」としてのスタート

マサキさんは、大学時代にアパレル系のブランドの運営を始めた。最初は学生起業家という響きもよく、大学では他の子とは違うオーラを身にまとっていました。外から見ると華やかな起業家という肩書きも内情はかなり大変ということ。

男はDNAレベルで浮気する生き物!? 浮気する心理を男性に徹底追及

「学生起業家と当時は言われていましたが、完全に自転車操業で、社員は俺と友達2人笑。大したことはなくて、大学時代の経営を振り返ると本当にお遊びみたいなもの。ここ3年くらいでやっと事業も軌道に乗り始めて楽しくなってきました」。

なぜ彼が数年前までお遊びでやっていた経営がここまで続けられたかというと、彼の“ある才能”のおかげである。その才能というのが、人たらしの性の持ち主なのです。

「自分で言うのもなんですけど、大人にめっちゃ好かれるんですよ。まあ大人だけじゃなくて子供とか女の人にもなんだけど笑。まあ遊びみたいな事業がなんやかんや続けてこれたのは、支援してくれた人がいたから。だから今まで生きながらえたというところはあるのかな」。彼は生田斗真似の甘めの派手顔でアパレルブランドを経営しているということもあり、オシャレにもかなり気を使っています。

これだけ聞くとなんだかいやなヤツだと想像しがちだが、彼は顔がデカく、身長も170センチあるかない程度なので、オシャレなイケメンであっても嫌味っぽくないのです。そしてそこが彼のいいところ。明るく人の懐に入ってくるのが上手なところも可愛いらしくて愛されキャラ。

そんな性格や見た目もあり、お金を出資してくれるおじさんだけでなく、女にもモテる。3年間付き合っている彼女は、大学の時のフットサルサークルの後輩。彼女は小島瑠璃子似の全方位に好感度がありそうな系美女。

「可愛くて趣味も合うし、本当に最高の彼女だと思う! 彼女に対して、特に何の不満もないし、これからもお付き合いをしていければと思ってる笑」。

仕事の軌道が乗り、浮気が止まらない・・・

でも、そんな「彼女が大好き!」と豪語する彼が、浮気を繰り返していることを私は知っている。今までの3年間で浮気相手はざっと20人を超える。彼の浮気は基本ワンナイトで終わるため、二股のようなことにはならないと言います。しかし、彼の携帯に入った知らない女と裸で写った2ショット写真が引き金となり殴る蹴るの大げんかになったこともあれば、彼の家に帰ったら知らない子と彼が寝ていたなんて典型的なエピソードも私は聞いていました。

「いや、彼女に本気で怒られた時は、ちょっとは反省してる笑。最低なことだとわかっているけど、好奇心や征服欲の方が勝ってしまうんだと思う。目の前に女の子がいると、この子寝たらどんな感じかな? って。もちろん普段からそんなことばっか考えてるわけじゃないですよ。シラフでも誰彼構わず手を出してたら変態でしょ?笑。いずれにしろ、お酒を飲んでいたりする冷静じゃない状況では、どうしてもそうなっちゃうね」。そう彼が浮気をしてしまうシチュエーションとは、お酒の場なのです。もちろんわざわざデートを取り付けて2人で飲みに行って…などではなく、みんなでワイワイガヤガヤ飲んでいる時に、いい感じになって2人で抜け出しお持ち帰りするパターンです。

「だいたい俺、飲みすぎて酔っ払ってるしさ、冷静になれって言われても無理な状況なんだよ。もうそうなったらしょうがいないよね笑。だいたい女の子の方もお酒飲んで酔っ払って、俺に彼女がいると知りながら誘えばノリノリだしさ。だってさ、性欲って男だけにあるもんじゃないでしょ。レイプしてるわけでもないし、お互い様なんじゃない? セフレの中には”ヒロキとは絶対付き合いたくない。でも、やりたいの”って堂々という子もいるよ?」。

取材させてもらいながら言うことではないが、クソ男オブザイヤーがあったら殿堂入りと思うほどの最低さである。

浮気と知って、遊ぶ女も遊ぶ女

男はDNAレベルで浮気する生き物!? 浮気する心理を男性に徹底追及

「え?浮気相手のこと好きかって?いや、それは全然。ていうか最初にも言ったけど、本当に彼女が1番大事だし浮気した相手と付き合うとかは100%ない。まあ色々した浮気は、全部次元が違うって感じ。彼女より最高だわ〜って思うような人なんていないなっていうことも超よくわかってる。それにもし今までいたならとっくに別れてる。まあ彼女ほどではないけど気に入った子はセフレ要員としておくことはあるけど」。

彼と話していてつくづく思うのは、浮気は誰も幸せにしないという事実。もちろん彼女にとって最悪な彼氏だということは言わずもがなだが、浮気相手もこんな気持ちで一晩共にされていると知ったら心底いやだろう。

「だから逆に言えば、お酒の場とかそういう状況じゃなければわざわざ浮気しない。そこまでして浮気したいって思うような女の子ってあんまりいないし」。

彼との取材で分かったのは女の子の方からちょっとでも「この人と一晩いいな」という空気が感じられれば、軽い男は簡単に浮気に手を染めるのだ。お酒が入っていればなおさら危険である。心の浮気ではないというところだけが彼女にとって唯一の救いだろう。

こないだバレた時は泣きわめく彼女に「だから、自分以外の女のことは気にすんな、って。全然次元が違うから。無料の風俗みたいなもんだから」って言ったら、「意味わかんない」と言いながら、少し納得顔でしたね笑

彼女が一番と言うことには変わりないが、これからも浮気が続く

またヒロキさんは、お酒が引き金となり浮気をするが、本気で浮気相手のことが好きになることはないということだった。一方でヒロキさんとは違い、普段は誠実で一晩の関係を繰り返すような浮気はしないが、一度深みにはまるとずるずると二股(しかも彼女だけでなく浮気相手への感情もほぼ本気、もはや彼女の方が浮気になってしまうことも)というパターンもある。今回のヒロキさんは、ライトな浮気を繰り返すパターン。そんな彼の浮気への対象方法としては、ヒロキさんが自分でいう通り「これは無料の風俗なんだ」とか「彼は病気なんだ」と自分を言い聞かせ洗脳していくか、ばっさり別れを選択しなければならない。どれだけお灸を添えてもなかなか治らない浮気癖。彼女としてはこりごりだけど、実はどれだけ浮気をしても、彼のプライオリティーは、彼女が1番ということも彼への調査で分かった。そんな彼と付き合い続けると決断するのならば、「芸の肥やしですから〜」とのたまわったどこかの女優じゃないが、「自分は別格」という事実だけを心の支えに、他のことは全部見逃し、聖母マリアのようなひろーーーい心を持ち続けるしか道はないのである。

おすすめの記事

カテゴリ一覧

難あり彼氏(実録取材)の人気記事

新しい記事

【実録取材】好きなのに別れる?結婚を意識できない彼と恋愛を続けるアラサー事情

Lips編集部

【実録取材】私がいなきゃダメは幻想?難あり彼氏との別れ方。

Lips編集部

【実録取材】遠距離恋愛から結婚。実際に結婚が決まった人に話を聞いてみた

Lips編集部

【実録取材】あなたの頭を悩ませるモラハラ彼氏。そんな彼氏との別れ方。

Lips編集部

【実録取材】付き合っているのに片思い。そんな女性が結婚までこぎつけられたワケ

Lips編集部