2019年07月14日

食事ダイエットなら彼氏が嫌がることなくカップルで一緒に痩せる

「最初は痩せていた彼氏が、最近太った気がする・・・」

幸せ太りと言われれば、嬉しいけれども、やっぱり彼氏にはかっこよくいてもらいたい。

それに健康面も気になるし。

そんなお悩みを抱えているあなたのために、彼氏のダイエットをサポートする食事方法について調べてみました!

ダイエットというと、まず「食べない」ことを最初に考えてしまう女の子は多いはず。

しかし、食事制限は嫌がる男性も多いですので、「3食しっかり食べて痩せる方法」をまとめました。

彼氏と一緒にカップルでダイエットすることで、あなたも一緒にやせるかも!?

では「食べながら痩せる食事ダイエット方法」を見ていきましょう!

食事ダイエットは3食きちんと食べる

ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーを控えることが大事だと思っている人が多いです。

食事を制限することによって摂取カロリーが少なくなり、その分、消費カロリーが上回っていくので体重が減っていくのは当然のことだと思います。

そのため、食事の回数を減らすことで摂取カロリーの量を減らしている方も多いはず。

実際に朝食を食べないようにしているという女性も多いですし、11食に押さえている方もたくさんいるようです。

しかし、「ダイエットのために食べない」のは、無理な男性が多いでしょう。

おそらくこの方法では、彼氏から嫌がられて抵抗され、失敗に終わってしまうと思います。

また、食事ダイエットという観点から見てみても「食べない」という方法は間違いだといえます。

実際に、とある研究で、朝食を食べない人の方が朝食を食べる人と比較すると5倍以上太りやすいという結果が出ています。どうしてこのようなことになるのでしょうか。

食事のリズムを整えることが大事

大事なのは食事や生活のリズムを整えること。

朝食を抜いたり、夜遅くまで起きて夕食も遅い方というのは食事のリズムが崩れています。

そうすると、代謝機能など私たちの身体の中では様々な変化が起こるようになってきて、ホルモンバランスの乱れや、代謝異常などが引き起こされるようになり太りやすくなると考えられています。

実際に研究では、夜遅くまで起きている人は早く寝る人と比べると6倍以上太りやすいという結果も出ています。

ですので、規則正しい生活習慣に加えて、13食の食事をしっかりととるように心がけることが重要なポイントとなってきます。

食事制限をすると、太りやすくなる!!??

1日の摂取カロリーの量を大幅に抑えているのに体重が減らない、炭水化物を抜いた食事を行っていても体重が減らない……という経験はないでしょうか。

食べていないのに痩せないのには原因があるのです。

食事制限ダイエットなど食事量を極端に減らすダイエット方法や、カロリーの摂取量を制限する方法というのは実は「やせにくい体質」を作ってしまう原因になっていることがあります。

その理由として、カロリーを摂取しない状態になると、体がその状態に合わせた体質を作り上げてしまうからです。

つまり、少ないカロリーでも十分に生命を維持することができる防衛本能によるものということになります。

内臓の機能が低下してしまったり、筋肉の量が少なくなったり、できるだけ頭の回転を抑えて脳が消費するカロリーを抑えたりといったことを体が自動的に行ってしまういわゆる「飢餓状態」になっている可能性があります。

その結果、カロリーを消費しづらい体質になりダイエット効率が悪くなってしまいます。

また、仕事や勉強の効率も悪くなってしまうかもしれません。

それと、あまり広く知られているわけではありませんが、食事をすること自体でもカロリー消費します。

食べたものの消化や吸収、エネルギーの代謝にはカロリーが必要ですので、適度な食事を行わなくてはダイエットを実現するのは難しいといえます。

13食で血糖値の上昇を緩やかに

11食や2食しか食べない生活を送っていると太りやすくなります。それには「やせにくい体質になる」こと以外にも理由があります。

それは、血糖値が急激に上がりやすくなってしまうことです。

私たちは食事によって血液中にブドウ糖をとり込み、それをエネルギーとして利用しています。血液中のブドウ糖をエネルギーとして利用するためにはインシュリンというホルモンが必要になります。このインシュリンは余ったエネルギーを脂肪に変える働きも持っているため、血糖値が急に上がって大量にインシュリンが分泌されてしまうと体に脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

そこで、できるだけ血糖値の急上昇を避けるようにするためには、きちんと食事のリズムを整えることが重要です。

朝、昼、夜の3回に分けて食事をとることによって血糖値を一定の間隔で上昇させることができるようになり、血糖値が上がりにくくなります。すると、インシュリンが必要以上に分泌されるのを防ぎ、身体に脂肪がつきにくい体質になります。

とはいえ、毎食の摂取カロリーの量が多すぎると太ってしまう原因になりますので、栄養バランスや全体のカロリーなどを意識しながら食事バランスを整えていくようにしましょう。

白米から雑穀米に

普段食べているご飯は白米のことがほとんどだと思います。

味は美味しいですし、何より手軽に購入することができるので日本人にとって主食であることに間違いありません。

ところが、白米はGI値(血糖値の上昇具合)を見てみるとあまり食事ダイエットには適していません。

血糖値が上昇しやすく、脂肪がつきやすいのです。

とはいえ、全くご飯を食べないというのも難しい話。

そこで白米を雑穀米に切り換えることをおすすめします。

最近ではスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで雑穀米の素が販売されており、ご飯を炊くときに一緒に雑穀米を入れるだけで簡単に作ることができます。

雑穀米には多くのビタミンやミネラル、食物繊維が含まれていますので、GI値が低くなります。

それでいてしっかりとお腹を満たすことができるため、おすすめしたい方法の1つです。

雑穀米の素を購入するだけですぐに始めることができる食事ダイエットです。

油は適度に摂取する

食事制限ダイエットを行っていると、カロリーの高い油をとらないようになりがちです。

しかし、油はダイエットの大敵ではなく、強い味方になってくれるものなんです。

もちろんたくさん摂取するとその分カロリーを多く摂取することになるので問題になりますが、適度な油を摂取することによってホルモンバランスを整えて、ダイエットに付きまとううストレスによるイライラなどを押さえてくれる効果があります。

また、お通じを良くするためにも油が必要ですので、ダイエット中の便秘の解消にも効果的です。

1日小さじ2杯から3杯程度の油を目安に摂取するようにしましょう。

お肉を食べてタンパク質を

ダイエット中はお肉を食べないようにしている方も多いかもしれません。ですが、これも間違い。

きちんとタンパク質を摂取しないと肌や筋肉の原料が足りない状態になるため、基礎代謝量が落ちやすくなります。また、健康状態や肌の状態などにも影響を与えてしまう可能性があります。

できるだけカロリーの低い鶏のささみや大豆などからタンパク質を摂取することを意識してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ぜひ彼氏との食事やお弁当に取り入れていただいたりして、カップルで健康的に痩せてもらいたいと思います!

LINEトーク占い
この記事がきにいったらいいね!をしよう





おすすめの記事

忙しいあなたはSNSでLipsをチェックしよう!